2019年6月25日 (火)

6/25太陽Hα像

本日6/25,9時の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※今までよりは少し青味が戻った空だった。/NICT情報によると、昨日現れた新黒点は2742の番号が付いたものの、本日未明に消失。入れ替わりに?その更に西側に新黒点が現れ2743群の番号が付いた。当初「あれ?急に西へ移動した?」と勘違いしそうになった。/周縁の紅炎は昨日同様、小規模なものばかりだが、7時方向にごく淡いながらも比較的広がりある噴出があるようだった。
↓全体(カラー1)↓6/25,9h2m

↓全体(擬似カラー)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

6/24太陽Hα像

本日6/24,9時前の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※6/22,23は欠測※白っぽい空の下、雲間の観察。/太陽本体は本日も無黒点状態。周縁の紅炎も小規模で出現数も少なくパッと目視確認できる噴出は見当たらない。ただ、本体北側子午線付近に濃いダークフィラメント影がある。
【訂正追記】
NICT情報によると、赤道付近西側に番号が付かない24期黒点が現れているとのこと。小さくて黒点と判別できなかった。
↓全体(カラー1)↓6/24,8h46m

↓全体(擬似カラー)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

月面東部ラングレヌス、フェンデリヌス、ペタビウス

6/20未明に撮影した↓月面東部ラングレヌス、フェンデリヌス、ペタビウス(月齢16.2)↓

合成に使用した1枚↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

6/19木星 by C11改

6月19日晩、ファン改造したC11で撮影した木星画像↓
6/19,ut1435

ut1437↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

6/21太陽hα像

本日6/21,15時前の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※此処のところ薄い雲が目立ち、白っぽい空の下での観察が続いている。/太陽本体は相変わらず無黒点状態が続いており、周縁の紅炎も小規模で出現数も少なく低迷している。強いて言えば西縁4時半方向の噴出だが、ごく淡く空の白さに負けて目視確認不能だった。
↓全体(カラー1)↓6/21,14h49m
↓全体(擬似カラー)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

6/20太陽Hα像

本日6/20,9時半過ぎの太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※気象学上は「晴れ」なのだが、薄い雲が目立ち、青空と言うよりは白っぽい空だった。/周縁の紅炎は小さいものばかりで10時半、7時半、4時半、2時方向などに噴出が見られた。太陽本体は今日も無黒点だった。
↓全体(カラー1)↓6/20,9h34m

↓全体(擬似カラー)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

6/19太陽Hα像

本日6/19,15時半の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※朝から曇天で諦めていたが、午後、自宅へ帰る途中で晴れ間が生じたのに気付き、慌てて寄り道観察となった。ただ、白っぽい空で透明度は良くなかった。/周縁の紅炎噴出は昨日よりもさらに低調となり、小さなものばかり。西縁4時半方向に横へ太く伸びた噴出が目立つ程度。本体は無黒点状態が続いている。
↓全体(カラー1)↓6/19,15h34m

↓全体(擬似カラー)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2年前6/19,木星 by C9.25

冬の間、遊星撮影用にC11をファン改造したにも関わらず、悪気流を言い訳にもたついている間に木星は衝を過ぎてしまった。orz/ちょうど2年前の2017年6/19晩、に(ノーマルC9.25で)撮影した↓木星↓(再掲)
ut1133

ut1134

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

6/18太陽Hα像

本日6/18,9時直前の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※朝から好天だったが、午後からは薄雲等により空が白っぽくなり午前中に観察しておいてよかった。/昨日東縁10時半方向に広がって見えた噴出は、すっかり小さくなり沈静化していた。同じく西縁4時半方向の噴出に至っては小さなトゲ状突起を残すのみとなっていた。ただ、西縁3時方向や東縁7時半方向には新たな噴出が見られた。本体は相変わらず無黒点。
↓全体(カラー1)↓6/17,10h0m

↓全体(擬似カラー)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

6/17苺満月(と木星)

昨夜6/17は満月。米国インディアンは、6月の満月は苺の収穫期と重なることから「ストロベリームーン」と言ったそうだ。私的には真正面から見る満月は明るく眩しいだけで凹凸の影は無く起伏・変化に乏しいので敬遠している。何よりも満月の眩しさで糠星を消し去ってしまうので好きになれない。でも、梅雨期は晴天に恵まれないこともあってそんなことは言ってられない。↓月齢14.0(等倍トリミング)↓

【データ】月齢14/苺満月(1200x1200)/2019年6月17日21時15分(1/200sec,15枚コンポジット)/EOSkissX7(ISO100,RAW-TIF)/FC60(fl=500mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
ついでに、同じ望遠鏡とカメラで近くの↓木星(とガリレオ衛星)↓を撮影。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«6/17太陽Hα像