2019年9月21日 (土)

5年前コートハンガーを行くジャック彗星

日本ではこの時期避けられないのが台風。17号が沖縄近海を北上中で、三連休の太陽観察や星見は厳しい状況となった。ということで、5年前同期投稿記事の再掲です。
---------- 以下、5年前9/21投稿記事より ----------
9/20晩、黒部市吉田科学館の星空観察会に参加した。幸い快晴に恵まれ、天の川が肉眼で見えた。↓ジャック彗星↓(彗星基準スタック)

彗星は画面中央やや右にエメラルドグリーン色の光芒(少し離れて心眼で見ると左横へ尾が伸びている?)
↓ジャック彗星↓(彗星&恒星固定スタック)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

動画編9/20未明ISS月面通過@砺波

9/20未明ISS月面通過の元動画↓

※下弦前の月全体を写野に収めるため(本来、写野上下方向を南北方向とすべきところを)カメラを右へ回した。よって、画面右側がほぼ北方向※
撮影開始(2時26分0秒)後、26分10秒を音で知らせる「ポーン」とほぼ同時(直後)に画面右下(北西)方向から左上(南東)方向へISSの影が通り過ぎる。=現地でのISS通過時刻は2時26分10秒と分かる。
この4K動画データから通過部分(計19コマ)を静止画として書き出し、静止画19枚を比較暗合成し前回投稿のISS月面通過画像とした。
上の元動画を見ると月が右側に偏っているのが分かる。が、撮影時は画面上下ギリギリ状態で左右について気付かなかった。(-_-;)
【データ】9/20,ISS月面通過/2019年9月20日2時26分0秒〜(通過時は26分10秒、1/1000sec)/LumixG7(ISO3200,4K,MP4,30秒)/BKP200+コマコレ+1.4テレコン(fl=1120mm)直焦点/EQ6赤道儀@砺波市太田

» 続きを読む

| | コメント (0)

9/20未明ISS月面通過@砺波

本日9/20未明2時26分頃、宝達志水町〜高岡市福岡町〜砺波市庄川町へ抜けるISS国際宇宙ステーションによる月面通過(月齢20.2)があった。↓月面通過全体像↓
↓同、通過前半(月面北西側)↓

↓同、通過後半(月面南東側)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

9/19太陽Hα像

9/19,13時過ぎの太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※雨は降らなかったが雲多く、昼過ぎて雲間が広くなった時に観察した。/昨日と然程差は無く、相変わらず無黒点状態。紅炎も淡く目立たないが、7時方向の噴出は刷毛状に広がっていた。此処のところ画がフラット傾向でパッとしないのは、太陽活動低調なのが主因とは思うが、フィルターの再点検・再清掃が必要かもしれない。
↓全体(カラー1)↓9/19,13h21m

↓全体(擬似カラー)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

9/18太陽Hα像

9/18,10時半の太陽Hα像※9/16,9/17は欠測※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※午前中は青空だったが、昼頃より雲が多くなった。午前中に観察しておいて助かった。/本体は相変わらず無黒点状態が続いている。紅炎は、小さいというよりは淡いものばかりが各方向に噴出しているが目立たない。新25期黒点の登場が待ち遠しい。
↓全体(カラー1)↓9/18,10h29m

↓全体(擬似カラー)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

撮り比べ>月齢18.1

昨夜9/17雲間から撮影した月齢18.1の月↓シーイングは並み(ということは他から見ると2/5程度かも?)/で、いつものように口径8cm,F15アクロマート屈折鏡で撮影したのだが、口径が2cm小さいアクロマート屈折(fl=910mm)鏡が転がっているのを思い出し、獲り比べてみることにした。
全体像↓【口径8cm】↓

全体像↓【口径6cm】↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

昨年同期21P

9月前半は殆ど月と太陽ばかりで引っ張って来たが、昨夜から雨混じりの天候。>昨年同期の彗星記事再掲です。
-------------以下、2018.9.19記事より-------------
本日9/19未明。ようやく晴れ間から半月ぶりに21P/Giacobini-Tinner彗星を捉えた。台風と秋の長雨に阻まれている間にぎょしゃ座を通り越し、ふたご座の足元まで来ていた。この間、近くの星雲、星団の脇を次々とパスしたが天気が味方してくれなかった。↓※画面上が北方向※

画面右上端:散開星団M35/その左下の赤:ふたご座IC443クラゲ星雲/中央右の赤:オリオン座NGC2174モンキー星雲/下中央:21P/その右下の小さな赤:IC2162
↓同、別処理↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

撮影手段試行>9/15月齢16.1

昨日9/15深夜の月齢16.1の月↓いつもの8cm,F15屈折で撮影
↓【1】8cm,F15 & LumixG7(全体像)↓

同じ望遠鏡のまま、ニコワンに切り替えてスチル連写=さらに横着撮影
↓【2】8cm,F15 & Nikon1V1↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

9/15太陽Hα像

9/15,11時前の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※今日も朝から快晴、青空だった。が、上空大気状態はイマイチ/今日も無黒点状態が続いている。昨日同様、周縁の紅炎で比較的大きいのは1時、7時方向の噴出。本体にも小さなダークフィラメント影が点在している。
↓全体(カラー1)↓9/15,10h46m

↓全体(擬似カラー)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

9/14月齢15.1ほか

昨夜9/14は満月(月齢15.1)/黒部市吉田科学館の月例観察会(一日遅れの観月会)から帰宅後、良く晴れていたのでクルマから降ろした機材を使って撮影した。
↓月齢15.1(全体像)↓

満月とはいえ、既に右側から少し影が出始めている。
↓同(北半分)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

«9/14太陽Hα像