« オートガイド実験-2 | トップページ | 2月の星空 »

2008年1月28日 (月)

DSI&PHD=○/STV&AGA-1=×

今宵も雲間から強引にオートガイド実験を試みた。
20cf6ref_4538ux
↑20cmF6主鏡による撮影は端から諦め、蓋をしたまま(苦笑)


今回もガイド星はシリウス
↑明る過ぎる星は不適だが、雲フィルターのおかげで減光している(笑)
1=(先ず)STVガイダーから。
 →[結果]キャリブレーション段階で「star no move」となり、失敗。
 ※急ごしらえの接続ケーブルに問題ありそう(GND結線忘れ orz)
(野外でPCは使いたくないので)
2=(続いて)ビクセンAGA-1
 →[結果]同じくキャリブレーション段階で全くガイド星が動かず、失敗。
 ※EM200と一緒に譲り受けた接続ケーブルに問題があるのかも(?)
 (→接続ケーブル再点検となりそう)
3=MeadDSI付属オートガイダー
Dsi_4543x
  →[結果]オートガイド成功(○)
  ※キャリブレーション動作が判然としないが、ちゃんとガイドしている。
   ↑画面は、ガイド星を画面中央でガイドしているが、画面上の指定位置でも可)

4=PHD Guiding(カメラはDSI)
  →[結果]オートガイド成功(○)
Phd_4551x
PHDのキャリブレーションは、RA+(10回?)→RA-(10回?)→DEC+(10回?)→DEC-(10回?)の順に進む。
(↑キャリブレーション終了直後にオートガイドが始まる)
わざとDSIカメラの向き(XY)を90度変えて、再キャリブレーションさせてみたが、ちゃんと動作した。


しかし、この天候では..
Em200_4555ux
肉眼では星一つ見えないのにDSIカメラがガイド星をとらえ続けているのに驚く。
シリウスで良かった。口径10cmにして良かった。
当然、途中で雲間からシリウスが見えたり、逆に完全に雲に阻まれたりするが、PHD Guidingは、いずれの場合も画面と音で警告する。
(適正範囲に戻るとガイドを再開する)
これで目処は立った。次回は主鏡で実写したい。

|

« オートガイド実験-2 | トップページ | 2月の星空 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

2年前の記事ですが興味深く読ませて頂きました。3=MeadDSI付属オートガイダーですがEnvisageでEM200
(に限らず)のガイドが出来るのでしょうか?接続方法などお知らせ頂けませんか?

投稿: Starlight | 2010年1月14日 (木) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オートガイド実験-2 | トップページ | 2月の星空 »