« Starmap vs iステラ | トップページ | FC60直焦点 »

2008年11月 9日 (日)

星見行@信州

今週末は、夜半過ぎならあまり月の影響も無い。ところが、相変わらず天候がぱっとしない。
仕方なく自宅観察は諦め、脱出を決意(>ネットの天気予報から、今回は北東方面に決定)
#まさか、こんな遠出になろうとは..orz
【往路】出発は、21:00過ぎ。
自宅→一般道→北陸道→(名立谷浜SA休止:曇天)→上越JCT→上信越道→(野尻湖IC通過:曇天)→
時折、雲越しに月が見えるが晴れる気配なし>見通しを誤ったか..(#もうちょっと行ってみよう)
ふと、深夜割引のことが頭をかすめる=24時過ぎてからICを出よう>東部湯の丸SAで休止(曇天)
しかし、いくら何でもこれ以上遠くなると困る(既に自宅から約300km(=安心して帰るにはガソリン補給必須)
>次のICで出よう>夜食としてそばをいただき、時間調整して佐久ICで一般道へ下りる。
(狙い通り、深夜割引適用で料金は約3k余で済んだ)
◎ガソリンも、IC近くのスタンドで補給できた(=132円/L)
★気がつけば、↓豚磨さんのお膝元だ。
Miyota_2442x
#というか、信州の星空に興味もあった(できれば黒姫・野尻湖辺りで晴れて欲しかった!)
しかし、全く土地勘が無い。まさかこんな遠出になるとは思ってなかったので、豚磨氏のブログで紹介された標高2000m超の峠(大河原峠)の名前が思い出ない=カーナビにセットできない orz
やむなく、(同駅前で)浅間山麓周辺のクルマで行けて標高ありそうな地点をカーナビ画面で探す。
結局、出かけたのは、こちら(検索地点から約10km余)
勾配がきつくなるにつれてヘアピンカーブが連続し、速度が上がらない。
週末なので、峠族(いわゆる「頭文字D」ですね)のクルマ10数台が中腹に終結していた。
(ちなみに、何の制約も受けず往路・復路通ることができた)
================================================
やっと、車坂峠に到達=長野・群馬県境(群馬県吾妻郡嬬恋村)らしい。
標高2000m近い?と思われるが、定かでない(外気温は曇天のおかげで0℃~マイナス1℃)
この山岳道、冬期はスタッドレスだけでなく間違いなくチェーン必須であろう。
(もっとも、スキー場が隣接しているので星屋は来ないだろう)
曇天ではあるが、天頂付近は雲越しにかろうじて1,2等星が見える。
とても撮影できるような空ではないが、とりあえず魚眼で固定撮影。
(時間とガソリン代などを浪費しているので坊主にだけはなりたくない)
★冬の星座と小諸市街地の明かり
Komoro_3294bux
★同、星座線入り
Komoro_3294buxt
★同、横構図
Komoro_9392c2k1107bsx
帰宅後、画像処理中に気づいたが、画面左遠方の山稜右端に富士山が見えていたらしい。
#双眼鏡で確認すればよかった(後悔)

まともに星空撮影できるような状況では無かったが、
TG-SD小型赤道儀を(かろうじて見えた北極星を頼りに)セットし、一応、ノータッチガイド撮影もした。
★冬の星(ガイド撮影)
Fuyu_9800c2k1107bux
★同、別画像
Fuyu_3300bux
★同、星座線入り
Fuyu_3295buxt
【データ】2008年11月7日25時~26時過ぎ/バルブ5分露光
ペンタックスK10D(ISO800,RAW)/同DA10-17mmF3.5FishEye(→F4)
三脚固定/TG-SD改ノータッチ@小諸市高峰高原(車坂峠)
================================
峠道の中腹から(先ほど通ってきた峠族の)若者たちのクルマのエンジン音とタイヤ音が聞こえてくる。
午前2時を過ぎ、雲が徐々に厚みを増してきたので早々に撤収、帰路に就く。
【復路】午前5時前にICを出れば帰りも深夜割引が適応される=だから、帰路はノンストップ(苦笑)
2:20頃現地出発→一般道→長野道小諸IC→上越JCT→北陸道砺波IC→一般道→5:10過ぎ自宅着。
>何とか5時前に北陸道砺波ICを下りることができた。(料金は約3k)
【総括】
○我が家からだと「しらびそ」よりは距離的にも時間的にも若干近い。
ただし、
■やはり、片道300kmの遠征行は厳しい■
・移動時間がかかり過ぎる  ・安くなってきたとはいえ、ガソリン消費も馬鹿にならない
(長距離600km位は給油無しでいけそうだが、片道300kmを越すと安心できない)
今回、信州の澄み切った星空が満足に見えなかったのは残念だ。
このポイントは標高も高いので澄み切った星空が拝めそうだと確信した。
ただ、スキー場ナイター光と路面凍結、降雪などの影響が出そうだ。
だから、これから先(冬季)は、観察ポイントとして難しいかも知れない。
#もし、機会があったら(標高2000m超の)大河原峠を目指してみたい。

|

« Starmap vs iステラ | トップページ | FC60直焦点 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

超亀レスになり恐縮です。
掲載記事の殆ど(全て、といってよい)が「趣味」カテゴリにしてあります。
それこそ、これまでの全記事を一気に表示しようということになりますので、PCパワー、通信環境が最速でも物理的に厳しいと思います。
自分でカテゴリを細分化して再整理すれば良いのでしょうが、今さら面倒でやる気がおきません。
ということで、ご了承下さい。

投稿: Ken28 | 2008年12月 7日 (日) 19時52分

K代さん、初めまして。

最近、NERIUSの検索でこのサイトに訪問しました。
楽しいHPを拝見させてもらっています。

さて、本日すたーりぃ・ないとのトップから趣味のカテゴリ
のボタンを押すと、ページが重たいのか一向に完了しません。

私のPCがパワー不足なのでしょうか。

今後ともHPに寄らせていただきますので、
よろしくお願いします。

投稿: ばおー | 2008年11月10日 (月) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Starmap vs iステラ | トップページ | FC60直焦点 »