« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

実写版>3月の星空案内

しし座(と木星)>3月15日だと23時頃の南天(上旬は24時頃、下旬は22時頃)

15leo1220c33xe0450kspsxt posted by (C)龍吉
-----------------------------------------------------------------------------
2(土)月が土星へ大接近/3(日)月、金星へ大接近/6(水)啓蟄/7(木)●新月/12(火)月、火星へ接近/14(木)上弦/17(日)プレセぺ星団食/18(月)しし座8番星の食/20(水)しし座53番星の食/21(木)〇満月、春分の日/27(水)月、木星へ接近/28(木)下弦/29(金)月、土星へ接近。小惑星パラスが地球へ最接近
-----------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2019を参考にしました※

続きを読む "実写版>3月の星空案内"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

2/27晩C/2018Y1岩本彗星

2/27晩に撮影したC/2018Y1岩本彗星↓(彗星基準Average)

↓同、彗星&恒星基準(MediumKappaSigma)↓

続きを読む "2/27晩C/2018Y1岩本彗星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

2/24晩C/2018Y1岩本彗星

前投稿と同じ2/24晩、Gaultの前に撮影したC/2018Y1岩本彗星↓(Average)

↓同、彗星付近トリミング↓

続きを読む "2/24晩C/2018Y1岩本彗星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月25日 (月)

尾?健在>小惑星6478Gault

2/24晩遅くに撮影した小惑星6478Gault↓いずれも正立像(画面上が北)

↓同、別処理↓

続きを読む "尾?健在>小惑星6478Gault"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

2年前同期、天王星と小惑星ケレス

数年ぶりの帝都から本記事を書いています。

>で、(今宵の北陸は晴天らしいが)星見叶わず。止む無く今回も2年前同期記事の再掲載です。m(_ _)m↓以下、2年前の記事↓


2/24晩、45P(前回掲載)が天頂付近へ来るのを待つ間(&夕食chargeの間)放置追尾で撮影した↓天王星(Uranus)↓

現在、この天王星のすぐ近くに火星が居る。(望遠鏡写野に両者は到底入らないので断念)/天王星は、公転軌道面に対して自転軸が横倒しになっていることでも知られている。ごく淡い環(リング)と複数の衛星を持っている。太陽系で3番目に大きな惑星。6等級なので肉眼でも観察できるとされるが、目視確認は望遠鏡を使えば手っ取り早い。望遠鏡で見ると、青白色で(惑星特有の安定した見え方で)大気で瞬く恒星とは明らかに異なり判別しやすい。
↓準惑星ケレス(ceres)↓

続きを読む "2年前同期、天王星と小惑星ケレス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

2/22太陽Hα像-2

2/22太陽Hα像の続きです↓東側等倍(カラー1)↓

↓東側等倍(白黒)↓

続きを読む "2/22太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/22太陽Hα像-1

2/22の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※本体のダークフィラメントを伴う活動領域が子午線付近から西側へ回っていた。周縁部では東縁8時半方向の噴出が目視確認できた。
↓全体(カラー1)↓2/22,10h50m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "2/22太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

2年前小惑星18399テントウムシ

本日2.22早朝「はやぶさ2」が小惑星りゅうぐうにタッチダウンに向けて降下を開始した。ライブ中継⇒(http://fanfun.jaxa.jp/jaxatv/detail/14034.html)/その小惑星に関連して、初めて小惑星18399テントウムシを捉えることができたのが2年前の今日。(以下、当時の記事を再掲)↓
2/22未明、気になっていた小惑星18399(テントウムシ)の現在をようやく捉えることができた。↓(カラーポジ、周囲トリミング)

↓同、等倍トリミング↓

続きを読む "2年前小惑星18399テントウムシ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

2/18太陽Hα像-2

2/18太陽Hα像の続きです↓東側等倍(カラー1)↓

↓東側等倍(白黒)↓

続きを読む "2/18太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/18太陽Hα像-1

2/18の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※本体北東側に現れた新活動領域内のダークフィラメントは子午線付近まで進出している。周縁部は東縁11時方向と西縁3時方向に噴出が見られる。3時方向のは淡いがそこそこの広がりがある。
↓全体(カラー1)↓2/18,14h36m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "2/18太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

4年前同期M51子持ち星雲

4年前同期、BKP300反射で撮影したM51子持ち星雲↓Dark,Flatも加えて再処理したもの↓

子持ち星雲の子ども側(=伴星雲:画面中央付近)にも淡い星雲が広がっているのが分かる。
↓ダーク及びバイアスなし↓

続きを読む "4年前同期M51子持ち星雲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

2/17太陽Hα像-2

2/17太陽Hα像の続きです↓東側等倍(カラー1)↓

↓東側等倍(白黒)↓

続きを読む "2/17太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/17太陽Hα像-1

2/17の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※前回2/14から3日のブランク。※本体北東側に現れた新活動領域内に黒点は無いようだが、比較的目立つダークフィラメントが見られる。周縁部は東縁8時半方向と西縁3時方向に噴出が見られる。
↓全体(カラー1)↓2/17,10h25m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "2/17太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

4年前C/2014Q2ラブジョイ彗星

4年前の2015年2/15晩のラブジョイ彗星↓BKP300反射直焦点+QHY9で撮影↓L画像(白黒ポジ)

この頃、少し衰え始めたようだったが、ねじれた尾は健在で複雑な形状で伸びていた。【データ】2015年2月15日19時31分〜(30秒露光×L画像17枚DSSスタック:コメットモード)/QHY9(-40℃,FITS)/BKP300反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀ノータッチ@自宅星見台HANA↓ラブジョイ撮影中↓

続きを読む "4年前C/2014Q2ラブジョイ彗星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

2/14バレンタイン太陽Hα像-2

2/14太陽Hα像の続きです↓東側等倍(カラー1)↓

↓東側等倍(白黒)↓

続きを読む "2/14バレンタイン太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/14バレンタイン太陽Hα像-1

2/14の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※前回2/6から1週間以上のブランク。その間、観察可能な日もあったが、タイミングが合わなかった。※この日も昼過ぎまではタイミング合わず、2/6同様、帰路に寄り道して何とか観察できた。ごく淡いが大きめなのが東縁10時半方向、西縁3時方向に噴いていた。
↓全体(カラー1)↓2/14,15h19m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "2/14バレンタイン太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

2/14月齢9.5バレンタイン月

2/14バレンタインの晩に撮影した月齢9.5の月↓by ASI1600MCC&C11(30秒SER,3ショット⇒3枚の静止画を全体像1枚にICE合成)↓

19moon0214_191713lapl4ap55mn95ux posted by (C)龍吉
↓同、30秒SER,7ショット⇒7枚の静止画から1枚にICE合成↓

続きを読む "2/14月齢9.5バレンタイン月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

2/6太陽Hα像-2

2/6太陽Hα像の続きです↓東側等倍(カラー1)↓

↓東側等倍(白黒)↓

続きを読む "2/6太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/6太陽Hα像-1

2/6の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※昼過ぎまではタイミング合わず観察できず、帰路寄り道して何とか観察できた。本体の新活動領域らしき箇所が子午線付近まで進出していた。東縁8時方向に小さな噴出あるものの、西縁2時方向の方が明るく目立つ。但し、さほど大きな紅炎ではない。
↓全体(カラー1)↓2/6,15h9m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "2/6太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

2年前同期NGC2392エスキモー星雲

今のところ暖冬傾向に推移している今季ではあるが、北陸の晴天率は芳しくない。>ということで、2年前2/15晩に撮影した↓NGC2392エスキモー星雲↓(×2Drizzle)

「エスキモー星雲」でググると猿のお面?のような画像を見ることができる。元より解像度、精細さに欠ける画像なので、×2Drizzle処理してもその片鱗すら見い出せない。/それを承知で、敢えて「惑星状」星雲なのだからと、こじ付けて月惑星処理定番ソフト(Registax)に無理矢理かけてみた。
↓原板Fit→スタック後Tif→Registax処理↓

続きを読む "2年前同期NGC2392エスキモー星雲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

2/5太陽Hα像-2

2/5太陽Hα像の続きです↓東側等倍(カラー1)↓

↓東側等倍(白黒)↓

続きを読む "2/5太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/5太陽Hα像-1

2/5の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※前回2/2から3日のブランク※本体では東側の新活動領域らしき箇所が目につく。東縁10時半方向にゼンマイ状の噴出がある。同、東縁8時に淡い噴出。西縁は2時と5時方向にそれぞれ小規模な噴出が見られる。
↓全体(カラー1)↓2/5,13h13m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "2/5太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

C11改造その後-2

<前投稿の続き=パート2>口径6cm,F4ガイド用屈折鏡筒と、視野導入&導入補正用FC60鏡筒を後日C11鏡筒上部に取り付けた↓上:オートガイド用6cm,F4鏡筒↓

↑左:視野導入&導入補正用FC60鏡筒↑
↓C11接眼部側から見たところ↓

続きを読む "C11改造その後-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M42オリオン星雲(C11改造その後)

2/5,改造C11で初試写した↓M42オリオン大星雲↓

19m42d0205c37ut1150autsd2ux posted by (C)龍吉
↓同、別処理↓

続きを読む "M42オリオン星雲(C11改造その後)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

2/2太陽Hα像-2

2/2太陽Hα像の続きです↓東側等倍(カラー1)↓

↓東側等倍(疑似カラー)↓

続きを読む "2/2太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/2太陽Hα像-1

2/2の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※2月の太陽Hα像、2回め※黒点現れていないが東側に新活動領域らしき箇所が見られる。西縁2時、4時半、東縁8時方向に噴出が見られる。4時方向のは明るいループ状で目視でも確認できた。東縁8時方向の噴出は淡くて目視確認できなかったが、画像で見ると意外と大きく広がりがあり形も面白い。
↓全体(カラー1)↓2/2,10h36m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "2/2太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

2/6-7,C/2018Y1岩本彗星

2/6深夜。貴重な晴天だったので、話題の岩本彗星(C/2018Y1)を狙った。前回より明るく大きくなっていた。淡い尾が1時半方向に伸びているらしいが、、↓
↓C/2018Y1岩本彗星(写野全体像)↓Average

19iwamoto0206c41ut1450aqvgsdsx posted by (C)龍吉
↓同、周囲トリミング↓

続きを読む "2/6-7,C/2018Y1岩本彗星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

2/1太陽Hα像-2

2/1太陽Hα像の続きです↓東側等倍(カラー1)↓

↓東側等倍(白黒)↓

続きを読む "2/1太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/1太陽Hα像-1

2/1の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※ようやく今月の太陽Hα像となった※黒点2733群が西縁から裏側へ回って見えなくなり、再び無黒点状態。ただ東側に新活動領域らしき箇所が見られる。周縁も小規模な噴出ばかりだ。東縁7時、8時、9時方向と西縁4時半方向(これはループ状)に噴出がある。
↓全体(カラー1)↓2/1,12h56m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "2/1太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

2/7小惑星6478Gaultその後

今、話題の小惑星6478(Gault)の追記。先月14日、初めてこの小惑星を捉えたことを同日1/14記事に載せている。その後、冬の晴れ間から何度か再検出を試みたが、いずれも判然とせず失敗に終わっていた。/2/7未明は好天で、先日改造終わったばかりのC11で試写を兼ねて同小惑星を狙った。/撮影時、モニター上では分からなかったが、処理過程で写っていることが分かった。↓写野全体像↓(Autosave)

19gault0206c10ut1522autsdsx posted by (C)龍吉
↓同、6478付近等倍トリミング↓

続きを読む "2/7小惑星6478Gaultその後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

1/30太陽Hα像-2

1/30太陽Hα像の続きです↓Registax画面:北東側↓

↓Registax画面:南西側↓

続きを読む "1/30太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/30太陽Hα像-1

1/30の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※5日間のブランクで黒点(2733群)が西縁に達し裏側へ回りつつあった。周縁は寂しく東縁11時に淡い噴出、2733群に伴う小さな噴出が西縁3時方向に見られるだけ。
↓全体(カラー1)↓1/30,10h29m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "1/30太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

1/30未明C/2018Y1岩本彗星

1/30未明に撮影した↓C/2018Y1岩本彗星↓

19c18y1d0129c29ut1608autbsdsx posted by (C)龍吉
↓ステラショット画面:撮影中↓

続きを読む "1/30未明C/2018Y1岩本彗星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

1/25太陽Hα像-2

1/25太陽Hα像の続きです↓Registax画面:南東側↓

↓東側等倍(カラー1)↓

続きを読む "1/25太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/25太陽Hα像-1

1/25の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※本体子午線付近に黒点(2733群)が現れている。正面へ回ってきたこともあり前回より大きく感じる。周縁のあちこちに形状の異なる紅炎噴出しが見られるが、いずれも規模は小さい。
↓全体(カラー1)↓1/25,8h59m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "1/25太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

旧C11,SCT解体新書(洗浄編)

【洗浄編】C11を分解できたので、主鏡及びCP板の洗浄を行った。↓


↓CP板の洗浄↓

普段は使っていないシンクを利用して入浴?(笑)

↓泡洗浄中↓(シャンプーではなく中性洗剤)

続きを読む "旧C11,SCT解体新書(洗浄編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧C11,SCT解体新書(番外編)

前回投稿「旧C11,SCT解体新書」に関連し、その番外編として掲載する。C11解体の目的は下記改造※だった。
※かなり画像多いです。m(_ _)m※
※筒外と主鏡との温度差が原因による解像度悪化=鏡筒内で発生する乱気流を低減するため、送風ファンを取り付ける分解作業が始まりだった。


↓(a)送風ファンと速度調整用DC-DC変換アダプタ↓


↓(b)鏡筒裏面3か所に穴あけしてもらい送風ファンを取り付ける↓

続きを読む "旧C11,SCT解体新書(番外編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧型C11,SCT解体新書(後編)

C11,SCT解体新書(後編)


↓【6】3か所のネジを左へ回してピントノブ支持金具カバーを外す・1↓

<5>3か所のネジを右へ回してピントノブ支持金具カバーを取り付ける・2
※ピントノブ回転が滑らかであるか?確かめながら均等に締める。

↓【6】3か所のネジを左へ回してピントノブ支持金具カバーを外す・2↓

続きを読む "旧型C11,SCT解体新書(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧型C11,SCT解体新書(前編)

今回は天体と直接関係ない内容で、間接的というか所有C11シュミットカセグレン(SCT)望遠鏡の分解・組立の備忘録です。
※かなり画像多いです。m(_ _)m※


※各画像で【 】内数字は分解手順、< >内数字は組立手順のあらましです。
※作業の都合で、主鏡取付or取外し段階の画像はありません。

↓【1】CP板を外す・1↓

<10>CP板を止める・2
※事前に必ずセンター留め具とCP板周辺にマークを付けておくこと。(鏡筒アリ型レール側にマジックでマークを付けた)

↓【1】CP板を外す・2↓

続きを読む "旧型C11,SCT解体新書(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

1/23太陽Hα像-2

1/23太陽Hα像の続きです↓東側等倍(カラー1)↓

↓東側側等倍(白黒)↓

続きを読む "1/23太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/23太陽Hα像-1

1/23の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※東縁7時半と10時方向、西縁2時半と4時半方向にそれぞれ噴出がある。また、本体中央付近には久しぶりに黒点が現れている(2733群?)
↓全体(カラー1)↓1/23,13h14m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "1/23太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

1/29すばるから離れる64P/Swift-Gehrels

1/29晩に撮影した↓すばるから遠ざかる64P/Swift-Gehrels↓

19c64p0129c51ut1108autbsdux posted by (C)龍吉
※北方向は、画面の1時方向(やや右上方向)※
↓ステラショット画面:撮影中↓

続きを読む "1/29すばるから離れる64P/Swift-Gehrels"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

1/19太陽Hα像-2

1/19太陽Hα像の続きです↓東側等倍(カラー1)↓

↓東側側等倍(白黒)↓

続きを読む "1/19太陽Hα像-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/19太陽Hα像-1

1/19の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※東縁7時半と9時、10時半方向にそれぞれ形状異なるタイプの噴出があり面白い。中でも目立つのは7時半方向のモノ。西縁では、2時方向に淡いながらも広がりのある噴出が見られる。
↓全体(カラー1)↓1/19,10h12m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "1/19太陽Hα像-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »