カテゴリー「天文・星空」の記事

2019年7月22日 (月)

10年前部分日食(トカラ皆既食)

ちょうど10年前の2009年7月22日、九州トカラ列島を通る皆既日食があった。皆既帯が九州本土から外れ、トカラ諸島や客船ツアーなどが企画されたが、梅雨期で明暗が分かれた日食だった。自分は仕事の都合で雲越し部分日食で終わった。
////////// ↓以下、当時のブログ記事より↓ //////////
前の晩、雨が降る天気だったこともあり、望遠鏡の準備はしていなかった。ここ数日仕事が山積み状態だったことが主原因ではあったが、一つには食分74%とはいえ部分日食なのであまり力が入らなかったこともある。
とりあえず記録用(Web掲載用)に、デジ一眼E-410(琢磨135mm望遠付き)を準備した。
(いずれの画像もトリミング拡大してある)
★10時07分

欠け始めた頃は、適度に雲フィルターが減光処理してくれた。
(原板を等倍トリミングしたもの)
雲が薄くなり、減光フィルターが必要になったが全く準備してない。
(#↑何という、やる気のなさ orz)
★10時19分

続きを読む "10年前部分日食(トカラ皆既食)"

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

50年前アポロ11月面着陸

人類が初めて月面に降り立ったのは、1969年7月20日午後4時17分(米東部夏時間)。日本では50年前の今日7月21日。
(↓アポロ11号月面着陸船が降り立った「静かの海」拡大逆像↓昨年7/31撮影)

※「↓」がアポロ11号着陸地点付近※
これを記念として近くの小クレーターに3人の飛行士の名がつけられた>「A」=アームストロング、「C」=コリンズ、「O」=オルドリン
↓原板↓

続きを読む "50年前アポロ11月面着陸"

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

2年前同期M24,バンビ

梅雨後半は間違いないと思うがパッとしない日が続き、日照不足が指摘されている。↓以下、2年前同期の投稿より↓


7/19も遅くなってから雲が減り星見可能となった。土星も気になったが無視して今宵もDeepSkyObjectへ。前晩は雲で諦めたいて座付近へ望遠鏡を向けた。↓M24,バンビ↓by WO-Star71(周囲若干トリミング)

画面中央付近の小星団がM24か?と思われるが諸説あるらしい。肉眼でも夏の銀河が濃く見える辺りで、「バンビ」を導入するにはこのM24を導入天体に指定すると都合がよい。
↓撮影中のステラショット画面↓

続きを読む "2年前同期M24,バンビ"

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

15年前ニフティBlog開設当時M17

記憶というのはいい加減というか、すっかり忘れて勘違いしていた。Web上に初めてブログ公開し始めたのは14年前の2005年春3月、ネスク(旧日本海ネット)だとばかり思っていた。それまでホームページ開設していたのがネスクだったから。/が、その1年前の2004年3月3日からニフティでBlog開設していた。つまり、今年で既に15年周年を迎えていたことになる。
////////↓以下、開設した年、2004年7月のニフティブログ投稿記事から↓////////
散光星雲M17です。オメガ星雲、馬蹄形星雲ともよばれます。

中央部トリミング

続きを読む "15年前ニフティBlog開設当時M17"

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

昨年同期21P/Giacobini-Zinner

ちょうど1年前、21P/Giacobini-Tinner彗星を観ていた。以下、1年前の投稿記事から↓
連日猛暑で昼間はとんでもない状況が続く&透明度今一つながらも星夜も続く。おかげで夕涼みがてら連夜に渡り21PGiacobini-Zinner彗星観察ができた。
☆彡7/18未明の21P/Giacobini-Zinner(ジャコビニ・ツィナー)彗星☆彡(彗星&恒星固定)↓

☆彡7/18未明の同彗星☆彡↓(彗星基準)

続きを読む "昨年同期21P/Giacobini-Zinner"

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

7/17太陽Hα像

本日7/17ほぼ南中時、5日ぶりの太陽Hα像※7/13,14,15,16は欠測※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※久しぶりの晴れとはいえ、透明度悪く白っぽい空だった。太陽本体に黒点見当たらず。また、周縁の紅炎も小さなものばかりで低調な状態だった。そんな中で、西縁4時半方向に1本細長い噴出があった。
↓全体(カラー1)↓7/17,11h38m

↓全体(擬似カラー)↓

続きを読む "7/17太陽Hα像"

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

7/9月齢6.6

7/9晩に撮影した月齢6.6の月↓全体像(逆像表示)↓

太陽撮影に用いている1.4テレコン付けたまま(fl=1680mm)の月面撮影。普段はテレコン付けず(fl=1200mm)南北2分割なのだが、テレコン拡大しているので念のため南・中・北の月面3分割で動画撮影した。
↓合成に使用した3分割画像(月面南部)↓

続きを読む "7/9月齢6.6"

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

4年前同期バンビ付近

本日も梅雨空。↓以下、年前同期に撮影したバンビ付近↓(2枚合成画像)

画面右下にM8干潟星雲、M20三裂星雲、右上にM16わし星雲、M17馬蹄形星雲/「バンビ」はM17の下。
【データ】2015年7月14日24時12分〜(30秒露光×94枚)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/Nikkor85mmF1.4→F2.8/高橋P型赤道儀@自宅星見台
↓合成に使った画(北側)↓

続きを読む "4年前同期バンビ付近"

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

昨年同期、水星と金星

本日も梅雨空が続く。梅雨明けが遅れるとの噂もあるが、昨年同時期は異常とも言えそうな空梅雨で日差しが強く暑い日が続いていた。↓以下、昨年同期投稿記事から↓
-------------------------------------------------------------------------
12日東方最大離角だった水星が夕方西空にある。さらに高い位置に金星が輝いているので其処から右下太陽方向へ辿ると探しやすい。13日は低空の雲に阻まれ失敗したが、14日と本日15日は何とか見つけることができた。
↓7月14日↓水星は→印の先

自宅からだと医王山に低空視界が妨げられ、薄暗くなる頃には水星が山稜に隠されてしまうので時間との勝負となる。→印無し画像を載せるので「見つけにくさ」を感じ取ってください。(双眼鏡を使うと格段に探しやすくなる。西低空まで開けている場所ではもう少し薄暗くなってから肉眼で確認できるはず)
↓7月14日無印↓

続きを読む "昨年同期、水星と金星"

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

2年前7/13はくちょう座γ星付近ほか

梅雨後半となり九州奄美地方は梅雨明けたらしいが北陸地方は未だ未だ orz
と、いうことで、2年前同期、梅雨空下で撮影した↓はくちょう座γ星(サドル)付近↓
(当時の投稿記事から)雲越しで透明度最悪、撮影する気にならない酷い空。天頂付近ならば多少は雲薄かろうと、はくちょう座へ向けた。↓
肉眼ではデネブとサドルぐらいしか見えず、天の川は全く目視確認できなかった。なのでどうかなあ?と思ったが、何とか赤い領域浮かび上がってきた。
↓撮像中のステラショット画面↓

続きを読む "2年前7/13はくちょう座γ星付近ほか"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧