2020年7月12日 (日)

NEOWISE彗星見たい!

前回記事冒頭にも書いたがC?2020F3,NEOWISE彗星が予想通り明るく(1等台)なり話題になっている。近日点通過は7/4で太陽に近いため観察は日出前か日没後の僅かな時間帯に限られるが、梅雨空が続く中、奇跡的な晴れ間を得た各地から観察報告が上がっている。当地では昨夜からの雨が止まず今朝も観察は失敗。今後は、夕方日没後の北西天(おおぐま座)で観察することになる。何はともあれ、晴れ間が欲しい。
----------↓以下、2年前7/14の21P/Giacobini-Zinner彗星↓----------
画面上が北方向。4時半(南東)方向に尾が伸びているようだ。
↓同、白黒処理↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

7/11太陽Hα像

7/11,16時過ぎの太陽Hα像※7/3〜7/10は天候不良で欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※ようやくにして7月2回めの太陽観察。梅雨期だから致し方ない。9日のブランクですっかり浦島太郎状態。NICT情報では本体西縁近くの2766黒点が再び見えた?とのこと。昼頃には晴れ間あったがタイミング合わず夕方になってからの観察で可視光撮っておらず不詳。黒点は復活したものの小さいようである。Hα画像の該当箇所には活動域あるものの判然としない。本体南西縁近くに比較的目につく活動域あるが2766とは別者らしい。周縁の紅炎も低調で、強いて言えば北東縁と南西縁に噴出があり、小さなトゲ状として目視確認もできた。
↓全体像(カラー1)↓16h16m

↓同(白黒)↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

7年前ISS日面通過@上越

梅雨の影響で欠測日が1週間以上続いている。話題のネオワイズ彗星が明け方北東天に見事な姿を見せており、梅雨のない北海道などから肉眼でも楽勝に見えるとか、いかにも明るく大きな彗星らしい立派な尾の画像など、続々と報告がネットに上がっている。>梅雨の晴れ間から何とか目撃したいものだ。
----------↓以下、7年前同期のISS日面通過@上越の再掲↓----------
7/10昼過ぎに起こったISS国際宇宙ステーションの日面通過を雲間から何とか捉えることができた。↓静止画↓

(上の画像は動画AVIデータからISSが写っているコマだけを静止画として切り取り、比較暗コンポジットしたもの)
今回は動画モードAVI撮影だけに絞った↓原画:天地が逆(南が上)になっている↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

3年前サドル付近ほか

梅雨の雨がなかなか収まらない。幸いなことに水害には至っていないが、このまま雨が長引くと(気温も低めなので)農作物への影響も懸念される。
----------↓3年前はくちょう座γ星(サドル)付近↓----------
19944539_1429585143785514_88730692374497
肉眼ではデネブとサドルぐらいしか見えず、天の川は全く目視確認できなかった。なのでどうかなあ?と思ったが、何とか赤い領域浮かび上がってきた。
↓撮像中のステラショット画面↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

4年前さそり座ほか

4年前6/26晩に撮影した↓さそり座↓

さそり右上の輝星は火星。α星アンタレスはアンチアーレス(火星に対抗するもの)という意味。その火星とアンタレスのコラボ。
↓星座線入り↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

3年前土星の衛星に挑戦

ようやく今回の大雨がひと段落したようだ。ただ、今週末までは次の活発な前線到来が予報されており予断を許さない。
---------- 以下、3年前同期の投稿記事から ----------
雲越しではあるが昨夜7/8も晴れ。まさかこの時期三連荘達成とは思いもしなかった。ただ、頻繁に雲通過するため月面も惑星も拡大撮影は端から諦め、直焦点撮影で土星の衛星に的を絞った。↓7/8土星ut1411(Shutter800ms)↓

普段DSO(DeepSkyObject)と月面写真用に使っているASI1600MCを利用し、レデューサーレンズは外して2350mm直焦点で土星を撮影。周囲トリミングでSER動画Captureし、後は拡大撮影時と同じように処理した。ただ、暗い衛星狙いなので本体は真っ白、環っかも判らない楕円状に飛んでしまっている。
↓WinJUPOS画面↓(同時間帯における土星の衛星位置を表示させた)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

今宵は新暦七夕なれど、、、

本日7/7は新暦「七夕」。だが、毎年のように豪雨災害に見舞われる時期に「七夕」はあり得ない。「七夕」はやはり旧暦がふさわしい。ちなみに、2020年の旧暦7/7七夕(伝統的七夕)は現行太陽暦では8月25日で、当然のことながら梅雨明け後となる。(国立天文台Web記事:https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/08-topics01.html より)
ところで、現行新暦7月7日に自宅で七夕の星が見られたのは10年前の2010年だった↓その証拠画像↓

↓同、星座線入り↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

【再掲】織女をかすめた彗星

明日は新暦七夕。<梅雨後半の大雨状態が続いており星見には程遠い時期であることから新暦での7月7日はしっくりとこない。梅雨が明けた後の旧暦7月7日こそが七夕にふさわしい。ということで、何と14年前↓織女星(こと座αベガ)をかすめた彗星の画像↓
↓織女星(ベガ)に接近したシュワスマン・ワハマン彗星B核
73pbc4n0510sv
(右下の輝星が織女星=こと座αベガ)
【データ】2006年5月10日0時37分〜42分(1分×4枚コンポジット)/ニコンD70(ISO800,RAW)/ニッコールED180mmF2.8望遠/EM-10赤道儀ノータッチガイド
この日、B核の集光度が強く、デジ一眼のファインダーでも楽々確認できた。
↓同じB核をED10cmF4屈折直焦点で撮影した拡大画像

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

7年前、夏の銀河2態

ここのところ、過去記事ばかり続いて恐縮です m(_ _)m
---------- 以下2013,7/5記事より ----------
(2013)6/21に掲載した「いて座上部」には、肝心のM8干潟星雲が無かった。その後、(2012)7/25に撮影した画像の中に同星雲が入ったコマがあるのを見つけ、これを付け加えて再度モザイク合成し直した↓

夏の星雲の代表格M8干潟星雲がない「いて座」などあり得ないと思っているので、無理矢理前日の画像を付け加えた。
2012年7月26日22時56分(3分×12枚合成)/EOS40D(SEO-SP2/ISO800,RAW)/Nikkor85mmF1.4→F2.8/高橋P型赤道儀ノータッチ@自宅
---------- 以上2013,7/5記事、以下7/6記事より ----------
広角レンズで撮影したはくちょう座(夏の大三角)〜いて座へかけての夏の銀河をモザイク合成した↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

8年前、夏の大三角ほか

梅雨後半(九州は終盤?)になり、九州熊本地方を中心に大雨災害という。>被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
8年前、郡上市高鷲町で撮った↓夏の大三角形(当時の記事を再掲)↓

↓星座線入り↓

» 続きを読む

| | コメント (0)

«4年前ISS日面通過@加賀市