トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月30日 (月)

星雲・星団

1)勾玉星雲
Magac8e0128asv
2)M45プレヤデス
M45_2421sv
3)黒眼星雲付近
M98_2438sv
ボーグ12.5cmED屈折鏡筒+0.85レデューサ(f=680mm)↓で撮影
Borg0649sv
撮影地は岐阜県高山市荘川町

|

2006年1月29日 (日)

朝から快晴天

正確には昨晩からのようですが..この時期、雪国では貴重な雲一つ無い快晴でした。
私設Webカメラ画像より[10時]:写っている山は医王山です。Iou1812910
私設Webカメラ画像より[11時]
Iou1812911
私設Webカメラ画像より[正午]
Iou1812912
私設Webカメラ画像より[13時]
Iou1812913
私設Webカメラ画像より[14時]
Iou1812914
近くのスキー場にもたくさんの人が訪れたのではないかと思われます。
#私の方は昨晩の遠征疲れで爆睡でした..(笑)

|

2006年1月27日 (金)

固定によるオリオン3態

東空に上るオリオン座
Kotei0
南天にかかるオリオン座
Orionup
西空のオリオン座
Oriondn
いずれも自宅前で撮影/撮影年月日、フィルム、カメラ等不詳

|

2006年1月26日 (木)

往年の彗星

ウエスト彗星-1
West
ウエスト彗星-2
West2
ハレー彗星
Halley

|

2006年1月23日 (月)

白黒写真

富士山と雲海
Fuji
雲取山頂上にて
Kumoto
北斗七星
Hokuto
オリオン座
Orionm2_1
はくちょう座
Namerica_1
わし座
Wasi_1
わし~たて座
Watate_1
ベネット彗星
Bennet_1
ベネット彗星-2
Bennet2_1
ベネット彗星-3
Bennet3_1
ベネット彗星-4
Bennet4_1
ベネット彗星-5
Bennet5_1
コホウテク彗星
Kohoutek_1

|

2006年1月22日 (日)

医王山

医王山
Iox_2040sv
スキー場
Iox_2041sv

|

2006年1月20日 (金)

コニカミノルタ、カメラ事業撤退

(ニコンの銀塩フィルムカメラ開発中止のニュースに続き)
コニカミノルタがイメージング市場から撤退のニュース(Yahooニュースより)
コニカミノルタホールディングス(HD)は19日、カメラ事業からの撤退を含む構造改善策と社長交代を発表した。・・・中略・・・カメラ事業ではレンズ交換式デジタルカメラ関連の一部資産を3月31日付でソニーに譲渡する。写真用フィルムの生産は06年度末までに終了。フィルム現像関連機器の保守はノーリツ鋼機に委託する。・・・後略・・・
【(私的な)コニカの思い出、印象】
コニカQM-100↓(左、日常スナップ用に一時期随分活用した)
Konica
Yotaka02
コニカQM-100による作例
◇小西六フィルム
コニカカラーは肌色がきれい(赤が強い)という定評があり、天体用にも随分愛用した。
◇U-Bix
コピー機は、富士ゼロックスがよく知られているが、U-Bixはハーフトーン再現に勝っていたという記憶がある。この部門は存続させるんだと思う。
カメラも出していたのはもちろん知ってますが、残念ながら手にする機会はなかった。
Alpha_7700i
【(私的な)ミノルタの思い出、印象】
ミノルタα7700i
(初めて手にした自動焦点SLR)
◇ミノルタ一眼レフ、ロッコールレンズ
初めてのSLRはペンタックス(タクマー)ですが、実はミノルタ(ロッコール)にするか最後まで迷った記憶がある。
(両者とも標準レンズの星像には定評があり、隅々までシャープで針でつついたような見事な点像だった)
◇オートフォーカスカメラ(ミノルタAF、α7700i)
我が家で初めての自動焦点カメラはミノルタAF、初めての自動焦点SLRもミノルタ(α7700i)。

|

月夜夜景

冬の夜空に僅かな隙間が生じていました。↓東空に昇り始めた月
Moon1417c4n119sv
冬の大三角形↓左からプロキオン(こいぬ座α)、シリウス(おおいぬ座α)、ベテルギュース(オリオン座α)
Ori1013c4n119sv
北極星(左)と北斗七星(右)↓
Hkt0205c4n119sv
おうし座と火星(中央下)↓
Ousi0609c4n119sv
いずれの画像も左クリックすると別窓に拡大表示します。
【共通データ】2006年1月19日23時~24時/露出20秒×4枚コンポジット/固定撮影
ニコンD70(ISO800,RAW)/AF-S18-70mmEDズーム広角側/自宅前で撮影

|

2006年1月18日 (水)

月明下の夜景

満月を過ぎたとはいえ、まだ明るい月夜
lunac2n117sv
東空にはアークトゥルス(うしかい座α)↓
arktc4n117sv
シリウス(おおいぬ座α)は、南西の空低く
oinuc4n117sv
医王山(夜景)
iouc4n117sv
自宅付近その1↓(本格寒波も今週はお休み状態)
home_2397sv
自宅付近その2(ズーム広角側で撮影)
saskc4n117sv
いずれも、画像を左クリックすると別窓に拡大表示します。
2006年1月18日/ニコンD70(ISO800,RAW)AF-S18-70mmEDズーム
露出20秒×4枚コンポジット/自宅前で撮影

|

新ブログ開設

どうぞよろしくお願いします。
Barac4x
↑バラ星雲(画像を左クリックすると別窓に拡大表示します)
Barac3v
Barac4v

|

トップページ | 2006年2月 »