« 終日快晴天 | トップページ | とらえた!カノープス »

2006年2月14日 (火)

試行錯誤-2

昨晩は満月を過ぎたばかりの明るい月夜でしたが、快晴なので
強引にPictor201XTガイダーのテストをすることにしました。
テスト撮影の対象はオリオン星雲(月明のため肉眼では確認できず)
M42c2e0213svsq
2006年2月13日23時11分~13分(1分×2枚コンポジット)
EOS kiss_D(IRC除去改、ISO800,RAW)/ボーグED10cmF4屈折直焦点


↓オートガイダー試験に使ったビクセンGP-D赤道儀+Pictor201XT↓
P201xt_2071v
Pictor201XTは、久しぶりというか初めてと言っても
よいくらいですが、操作手順はつかむことができました。
たった一つのボタンを「ShortPress」
「MediumPress」「LongPress」の3通りの押し方で操作
します。
大まかな操作手順です。間違いあるかも知れません..m(_ _)m
(1)先ず望遠鏡コントローラにケーブル接続してから電源(DC12V)を通した後、
 安定するまでしばらく待ちます。→「FF」表示が基本状態です。
(2)初めにMediumPressで「dr」(ダーク準備)へ移行しダーク処理をします。
 →対物キャップをしてからMediumPressで「df」(ダーク取得)を行います。
 (→ダーク取得後「FF」表示に戻ります)
(3)ShortPressで「br」表示=視野内のガイド星の明るさを表示します。
 →「br」→vv(星の光量)→「at」→xy(CCD上のXY座標)を繰り返し表示します。
 ★この間にbr値がなるべく大きくなるようにピント調整をします★
(4)MediumPressで「CA」(キャリブレーション)へ移行します。
 「FS」→「rt」→「FS」→「LF」→「FS」→「UP」→「FS」→「dn」の順で
 キャリブレーションが行われます。
 ・キャリブレーション成功=「gd」(GuideReady)表示→(5)ガイド開始へ
 ・キャリブレーション失敗=「Er」表示
  →ShortPressで「FF」へ戻り、再度ShortPressをして(3)「br」からやり直します。
 ↓キャリブレーション中..(rt→LF→UP→dnの順)↓
P201xt_2072v
(5)ShortPressすることでオートガイドを開始します。
 →「gb」→vv(ガイド星の光量)→「gc」→xy(XY修正量)→「gb」の繰り返し..
 *ガイドを止める時は、ボタンを押せば「FF」に戻ります。
 *同じ状態で再開するには「FF」状態からShortPressで「gd」に戻れます。

オートガイダーの手順は何とか理解できたのですが、GP-D赤道儀の方に問題発生!
↓例のピョコタン現象(ギヤ脱調)が..(崩)
Dm_3884sv
↓同じく撮影中のギヤ脱調による失敗例
Dm_3885sv
Pictor201XTは、ガイド星にあまり暗い星は使えないようですが、
シンプルな構成なのでうまく動作さえしてくれればガイダーとして
実用性が高いと感じました。
#何とかピョコタン現象を改善しなくては..

|

« 終日快晴天 | トップページ | とらえた!カノープス »

趣味」カテゴリの記事