« 昇るぎょしゃ座、おうし座 | トップページ | 11月の星空 »

2006年10月30日 (月)

GM8(+STV)

★センサー赤動儀は重くてかさばる、GP-D赤道儀はイマイチ精度が..
で、米国ロスマンディ社の中古GM8赤動儀を譲っていただきました。
#う~ん、言い訳にしか過ぎない。(K10D導入欲が消える)
Gm8_2876sv
↑ボーグ製ED12.5cmF6.4屈折鏡筒とガイド用に76EDを同架
★今夏前に15cmF8アクロマート屈折を入手したため、センサー赤動儀が撮影用に利用できなくなった..
#う~ん、これも言い訳にしか過ぎない。
★GPD(SS2000PC)+オートガイドが今一つよろしくない..
#これも言い訳に過ぎない(センサー赤動儀は比較的オートガイド良好)
GMシリーズは、SBIG社オートガイダーST-4などとの接続が標準でOK。
そこで、現在LX200-25で使っている同社STVを利用することにした。
(何しろ、LX200-25SCTの出番がここんところ殆ど無いので..)
手前がガイド用76ED屈折+STV(冷却CCD)ガイダー左奥がED12.5cm屈折+キスデジ
Gm8_2885sv
STVは、ミードのDSIよりは重いが、感度は互角かそれ以上(と思われる)
ED76ガイド鏡接眼部にはフリップミラーを付けてある
Gm8_2881sv
STVのコントローラ↓
Stv_2880sv
出がけの頃のノートPCより更にかさばるが、ガイド専用だけあって電源投入から準備完了までは断然早い。
左の10インチ程度のモニターにはカメラ画像の他にXY修正量などが視覚的に表示される。
STVの一番良いところは、モニター画面も含めて全て赤色点灯で目に優しいところ..


では、早速星を撮ってみよう..
Bato_5852sv
馬頭星雲を人工衛星(原板では回転しているらしいのが分かる)が突き抜けています。
2006年10月28日02時48分~56分(8分露光)/ED12.5cm鏡筒+レデューサ×0.85(f=680mm)
キスデジ(IRC除去改、ISO1600,RAW)/GM8+76ED屈折(+STV)によるオートガイド
ガイド成功率は高そう?。この晩撮影した約20コマのうち流れたのは1枚だけ。
(それもコード類を引っかけたのが原因)
これで、ようやく念願の撮影成功率というか追尾精度が高まるものと期待している。

|

« 昇るぎょしゃ座、おうし座 | トップページ | 11月の星空 »

趣味」カテゴリの記事