« カノープス探査行 | トップページ | セミ版復活 »

2006年11月26日 (日)

県内カノープス行(氷見市懸札編)

前エントリィの続きです。

【11月25日~26日】昨夜の快晴がそのまま一日続く。
これはひょっとすると..が、さすがに今日は地平線近くがモヤで霞んでいる。
「やはり地平線まですっきり見える日は続かないものだ」と諦めた。
というか、昨夜の疲れが出てしまい、いつの間にか爆睡してしまった。
(#しし座群遠征後にひいた風邪がまだ治りきっていないらしい)
気づいたら既に外は真っ暗..ありゃー、(まだ)晴れている。
夕方晴れていればスワン彗星を探すつもりだったが、完全に手遅れ orz
遅い夕食後、自宅前に望遠鏡を出してM31を撮影↓
M31c5e1125sv
2006年11月25日21時48分~22時08分(多段階露光:30秒~8分)
ボーグ12.5cmED屈折+0.85レデューサ(fl=680mm)直焦点
キスデジ(IRC除去改、ISO1600,RAW)
GM8赤道儀+76ED(STV)オートガイド
ところが、この撮影中に雲が西からどんどん空を覆ってしまい、あえなくM31のみで撮影中止 orz
家に入って撮影した画像を処理しているうちに夜も更け日付が代わる。
で、念のため外を眺めると..ありゃー、すっかり晴れている!
地平線付近のモヤはどうなのか?気になるが、晴れているので出かけることにする。
(出かけないでモヤがどうかと気にするよりも、実際に現地で納得する方がよい)
↓カノープス付近のシミュレーション画像(26日02時)
Cano1126sv
目的地は、昨夜の場所よりも少し北にある氷見市懸札(かけふだ)地区
自宅を出た時は満天の星空だったのに、砺波市辺りから雲が見られるようになる。
そして氷見市に入り、余川地内では道路が雨で濡れていた。
せっかく自宅から50km余り走って来たのだから、ここで引き返す気にはなれない。
午前1時30分頃、懸札地区到着。道路は乾いていたが、空は快曇状態。
↓「クマ出没注意」の看板が気になる(#クマ公もそろそろお休みだと思うが)
Kuma1132sv
いっこうに雲が切れないので、のんびり準備する。(といっても双眼鏡とカメラ、三脚を出すだけ)
Cnps750c4e1125sv
やがて、カノープス南中時間が過ぎる頃、雲間から星が見え出すが..
Cps066c7e1125sv
心配していた通り、地平線付近低空は常に曇ったまま。
Cp770c4e1125sv
南中時間をかなり過ぎた頃、星空が姿を現す
Oko577c3e1125sv
低空が雲に覆われたままなのが残念。
Dog424c11n1125sv
どうやら、このポイントでは真南の方向に障害物はなさそう..
(遠くに山が無ければ..の話ですが)
Trio733c7n1125sv
このポイントもなかなか空が暗そう..
Ori982c4e1125sv
南中場所(真南方向)が山の稜線の低い部分と合致しているか?確かめるため、撮影を繰り返す。
Sankaku438c5n1125sv
↓今回の観察ポイント↓
Roc390c8e1125sv
懸札地区でも一番高台辺りで、ここから原山峠を経て石川県中能登町(旧鹿西町)へ至ります。

【総括】
月明の影響がない晩秋の週末、低空まで快晴という条件をクリアできて良かったが、結局カノープス迎撃は叶わなかった。
ただ、熊無地区も懸札地区も、「人里であること」「クルマで行けること」を念頭においてロケ地に選んでおり、単に標高のある山間地ではなく、今後降雪期に入っても、すっきり晴れる日があればカノープス迎撃のチャンスは残されていると思う。
(#う~ム、負け惜しみ?に聞こえますね..)

おまけの一枚
Ten408c5n1125sv

|

« カノープス探査行 | トップページ | セミ版復活 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県内カノープス行(氷見市懸札編):

« カノープス探査行 | トップページ | セミ版復活 »