« 県内カノープス行(氷見市懸札編) | トップページ | 夕暮れ »

2006年12月 5日 (火)

セミ版復活

朝から夕方まで時雨もよう。これから先、こんな日が続くようになる..
ところが、夜が更けるに連れ雨雲が途切れ出す。これは貴重な晴れ間。
..で、満月直前の月が煌々と照らす中、先日届いたばかりの中古P645を外に持ち出す。
Pentax1234sv
実際手にしてみて、セミ版にしては大きくかさばるカメラ、という印象。
Pentax1240sv
というのは、最初のブローニー版(セミ版)カメラが、セミ・ミノルタという折りたたみ式蛇腹沈胴カメラだったため。
Pentax1242svsq
兄貴分にあたるPentax67に較べればさすがに小さいが、いわゆる66版と大差無いように思う。
Pentax1243sv
おおいぬ座をバックに..
P645oinu1250sv
満月同然の明るい空でもシリウスの明るさはさほど衰えない。
Psiri1247sv
南東方向の山並み
Nanto1236sv
同-2
Nanto1253sv
満月直前の月
Luna1255sv
同-2
Luna1257sv
月のすぐ近くにオリオン座が..
Ori1252sv
2006年12月4日ニコンクールピクス995(ISO400,NR-on,JPG)
バルブ露光(10秒~40秒)/三脚固定撮影


|

« 県内カノープス行(氷見市懸札編) | トップページ | 夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県内カノープス行(氷見市懸札編) | トップページ | 夕暮れ »