« 北斗七星 | トップページ | 束の間の晴れ間 »

2007年1月14日 (日)

撮影行@下呂市金山町

この時期は積雪と路面凍結が心配で遠征は躊躇するのですが、今年は今のところ暖冬で少なくとも積雪はあまりない。
ということで、厳冬期のR156県境越えを敢行。
途中、自宅から約1時間で到達する高山市荘川町のポイントはちらちら雪が舞っており止む気配なし。
仕方なくさらに足をのばすことにし、荘川IC-郡上ICで下りてR256を下呂方面へ..
さらに1時間あまりかかってR41手前の下呂市金山町の同国道沿いの空き地に到達。
(自宅から片道約150km、2時間半の行程)
湿気と低温による霜が器材全体に襲いかかり、はからずも霜対策のテストができました。
先ずは撮影開始直後の画像です(対物フードに着目)
↓【西に傾く冬の大三角と望遠鏡】
Tel021c2n114sv
外気温-5°ですが無風なのでさほど寒さは感じません。
しかし、風が無いために恐れていたことが..↓
Simo_4228sv
写野から外れたところにある外灯の影響が出てしまい、『あれっ?』と、レンズを見ると..真っ白。
で、昨年暮れに準備しておいた秘密兵器?の出番(テスト)となりました。
その秘密兵器とは、白○カイロ。はい、ベンジンを使うやつです。
4軒の店を回って置いてあったのは老舗の薬局2軒だけ。
それも1個しか置いてなく、別の薬局も回って何とか3個確保したのでした。
(何と、「クスリの○○」などのチェーン店では、使い捨てカイロしか置いてない)
↓手首や頭に巻く伸縮性布バンドでレンズに固定
Tele334c2n114sv
効果てきめんで、カメラレンズに巻いた方はすっきり霜が消えました。
望遠鏡対物レンズの方も霜が付かなくなりました。
↓からす座付近
Karasu425c2n114sv
北海道など、もっと寒い地方では白○カイロでは消えてしまうそうで、昔ながらのカイロ灰でないと駄目だそうです。
なお、さすがに老舗の薬局でもカイロ灰の方は置いてないとのことでした。
試しに「クスリの○○」で訪ねたら『カイロ灰?って何?』と逆に訊かれる始末..orz

|

« 北斗七星 | トップページ | 束の間の晴れ間 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北斗七星 | トップページ | 束の間の晴れ間 »