« 愚行 | トップページ | 追加>ペルセ群流星 »

2007年8月16日 (木)

まだ見えるペルセ群流星

さすがにピークが過ぎたペルセ群ですが、まだ観察可能です。
今朝は1時間ほどの間に10個余りのペルセ群流星を見ました..#しぶといなぁ(笑)
実は、夕方べた曇りだったので、(ここ1週間の疲れもあり)流星撮影の方は、端からやる気無し。
それが、寝る前に胸騒ぎというか..外を見たのが間違いのもと=低空は霞んでいますが全天星空。
一式準備するのも面倒なので、ポタ赤改造した旧P型赤動儀とカメラ2台(K10DとEOS)を出す。
★今回唯一流星が写った一コマ(カシオペヤ座) (K)
Casio1760ux
※流星は、赤「↑」印の先です。(画像では見落とすほど小さいが、肉眼でははっきり見えた)
(25時42分(午前1時42分)~46分/バルブ4分露光)
■今回は、流星撮影ではなく、過日入手したパンケーキDA40mmレンズで星を撮ってみることに..
#40mm(35mm版換算で約60mm)で写野がやや狭く流星撮影には向かないが、あわよくば流星をとらえたい..
◆EOSの方は、EF50mmF1.8(おそらく観音製では一番廉価版でなかろうか?)で星を撮ってみることに..
#さらに写野が狭く流星撮影に向かないが、あわよくば流星をとらえたい..(笑)
(→案の定、流星は一つも写らなかった..爆)
★カシオペヤ座(文字、星座線入り) (K)
Casi1761xt
※1枚目とは違う画像なので流星は写っていません※
(25時47分(午前1時47分)~51分/バルブ4分露光)
★デネブ周辺 (E)
Deneb9293c2e0815x
(25時30分~39分/バルブ4分×2枚コンポジット)
★はくちょう座付近 (K)
Cyg175859c2k0815x
(25時30分~39分/バルブ4分×2枚コンポジット)
--------------------------------
■パンケーキDA40mmレンズの印象
○絞らなくても星像がなかなかシャープなようだ。○鏡筒短くコンパクトでよい。○質感がある。
△周辺減光があるようだ。△輝星に青滲みが出るようだ。
◆EF50mmF1.8レンズの印象
○値段が安い(観音製とは思えない)。○レンズが軽い。○シンプルな作り
△周辺の星が少し流れる。△ピント指標が付いていない。△質感に乏しい。
【データ】2007年8月16日早朝
(K)=ペンタックスK10D(ISO1600,RAW)/DA40mmF2.8(一部、F3.5に絞る)
(E)=EOS20D(ISO1600,RAW)/EF50mmF1.8Ⅱ→F2.8またはF3.5に絞る
タカハシ初代P型赤動儀ノータッチガイド/自宅前で撮影

|

« 愚行 | トップページ | 追加>ペルセ群流星 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愚行 | トップページ | 追加>ペルセ群流星 »