« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月26日 (水)

北斗七星

この時期、空高く北斗七星が目立つ。常用カメラとなりつつあるE-410で撮った画像を集めてみた。
【1】
Hokuto_3220216x
【1-2】星座線入り
Hokuto_3220216xt
【2】
Hokuto_3220270bux
【2-2】星座線入り
Hokuto_3220270buxt

続きを読む "北斗七星"

| | コメント (0)

2008年3月20日 (木)

続)E-410インプレ

自分の1'st Olympusは、銀塩ハーフ版のペン EE。
その後、名機OM-1への憧れはあったものの、何故かOlympusカメラにはしばらく縁がなかった。
(デジタルカメラが出始めた頃)カミさんが同社のコンパクト35mmフルオートカメラ「μ」を買った。
自身は、同社デジカメ「CAMEDIA」(?綴り自信なし)を買った。
▲ところが、いずれも質感が全く感じられなかった。(とても「カメラ」とは思えない)
▲さらに悪いことに、カミさんのμは意外と早くに故障した。
▲自分のCAMEDIAも相前後して故障した。○色調はとても良かっただけに残念。
というわけで、ハーフ版全盛期ペンや本格一眼OM-1時代のオリンパス社のイメージはもろくも崩れ去った。
やがて、デジタル全盛期に入っても、自分にとってオリンパス製品は対象外だった。
================================
(前置きが長くなった)
要するに、オリンパス製カメラにはあまりいいイメージをもっていなかった。^^;
(※顕微鏡のオリンパス<こちらのイメージは良好)
今回、同社のE-410に手を出したいきさつというか言い訳については、3月17日付記事の通りである。
★一番の決め手は処分価格にあった(笑)のは間違いないのだが..
○軽量コンパクトなこと(→*istDS2に代わって常用カメラとなりそう)
○オリンパス初の?パンケーキレンズが来月登場すること
○フォーサーズマウントが他社マウントレンズと互換性が高い(焦点延長レンズ無しで取付可能)
○レンズ焦点が35mm換算で2倍になること(銀塩標準~中望遠系レンズが生かせる)
↑これらが導入に踏み切った(血迷った)理由(言い訳)である。
================================
前回は、↑良い点を強調しすぎた感があるので、今回は少し辛めにE-410を見ようと思う。
★冬の大三角(E-410):※画像と本文に関係はありません
Sankak_3180031ux
【1】ハーフ版のオリンパス、最小・最軽量のオリンパスか?
撮像素子はハーフ版?だが、残念ながらカメラボディは未だそうは思えない。
・撮像素子が小さいと高感度化やノイズの面で不利とされる。
だから、撮像素子は他社同様APS-Cサイズのまま現E-410サイズを実現して欲しい。
#これは、他社にも要望したいことでもある。
★同、星座線入り画像(E-410)
Sankak_3180031uxt
【2】質感は向上したか?
E-410ダイヤルのデザインを見ると、かつてのOM-1を想起させるものがある。(あくまで私感)
E-410は黒ボディなので、OM-1銀ボディの美しいフォルムを思い起こすことはない。
黒ボディの表面処理に苦心を感じさせるが..(他社共々)悪くないが上質とも言えない。
★金沢市内で(E-410)
Higasi_3200164x
【3】故障しないか?壊れやすくないか?
まだ手にしたばかりなので、何とも言えない..。

続きを読む "続)E-410インプレ"

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

衝動的)気の迷い

#以下、器材の話題>人としての規範とかの話題に非ず(笑)
【きっかけ】
ん?..↓衝動というか?気の迷いというか?..
Box_3160002x
【言い訳】
●金沢の量販店に立ち寄ったのが間違いの元
E410_3230x
(↑Olympus E-410 レンズキット↑)
(1)観音製Digital-X新品ボディ=諭吉5枚>E-410レンズキット展示品=諭吉4.5枚※
 ※4月に後継機E-420が発売されるため、現行410は処分価格だった。
(2)同じく、Zuiko_D25mmF2.8(パンケーキ)が4月発売予定
 (パンケーキDA21mm付*istDS2よりも軽量コンパクトになる)
(3)RICOH GR-Digital が相変わらず高値(諭吉7枚)で推移しているため
 (昨年の中古*istDS2導入も↑これが原因だった)
(4)しかも、GR-Digitalには光学ファインダーが無い!
 (昔人間なので)光学ファインダーを見て撮影するスタイルが染み込んでいる。
E410_3231x
(↑標準ズームに花弁型フードを付けるとさらに大きく感じる<しかし、驚くほど軽い)
#以下、さらに苦しい言い訳
(5)撮像素子が小さいおかげで望遠鏡直焦点撮影時の拡大率が高い
(6)フォーサーズマウントは、他社製の殆どのレンズが使えそう?..等々
帰宅後、早速試写(追記へどうぞ)

続きを読む "衝動的)気の迷い"

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

動画風医王山上空(しし)

医王山に沈んでいく星座はしし座
(画像をクリックすると、別窓にXGA相当に拡大表示)
Iou0302x
(#なんか、雲の動きの方に目がいってしまう..笑)
撮影に使ったスチル画像から
Iou_4920x
ステラナビV6で作成した同日同時刻の西空↓
W20030205h
2008年3月2日5時過ぎ
*istDS2(ISO1600,RAW)/DA21mmF3.2開放絞り/30秒露光×4枚を動画GIFにしたもの

| | コメント (0)

月と木星

明け方の東空
Lunavnsco4913x
もう1枚
Moonvnssasorip4919x
もう少し待てば金星と水星、海王星が姿を見せる筈だった↓ステラナビV6で作成
East0302
2008年3月2日5時過ぎ/*istDS2(ISO1600,RAW)/DA21mmF3.2/30秒露光

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

EM-10+PHDguiding実践

いろいろあって(後述)、撮影できたのは1枚だけ。
★M57(こと座のリング星雲>何処か分かりますか?)
M57_2533x
★同、トリミング画像(中央の小さいリングがM57)
M57_2533upsqsv
2008年3月2日2時53分(バルブ7分露光)
K10D(ISO800,RAW)/ボーグED10cmF4屈折直焦点
EM-10赤道儀+6cm屈折DSIオートガイド(PHDguiding)
Em10_1384ux
撮影地は、岐阜県高山市荘川町(御母衣湖畔)

続きを読む "EM-10+PHDguiding実践"

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »