« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

まず、コレから

自分は、投資したからには何としても元をとらないと..という主義だ。
(いったん手にしたモノは手放さない、主義でもあります=単なる●乏根性?=笑)
↓Photoshop EXTENDED CS3↓
Cs3_47x
さて、CS3を入手したからには何としても元をとる=使いこなさなければならぬ。
で、解説ビデオDVDが付いているとはいうものの、CS3攻略のためにはやっぱり本が必要、との結論に至った。
ということで、本日退勤後、金沢へ。市内でも大きめの本屋さんへ寄る。
#Photoshop関係だけでも一般家庭用本棚2つ分位はあった。
CS3関係の本も相当数あって、どれにするか迷ったあげく選んだのが↓下の2冊。
Books048x
上の1冊は、初心者・中級者用リファレンス本(2.6k円)で、下の1冊は上級者(プロ用となっていた)用。
おそらく、自分には上の1冊で十分こと足りるだろうと思われたが、プロでもないくせにプロはどんな技を使うのかな?という興味もあって、計2冊衝動買い。(合計約6k円)
帰宅後、上の1冊を開いてみる。
Booksn049x
自分には、これぐらいの内容でちょうど良かろう?
Booksn050x
逆引き型ではないので、ある程度、目次等からどのような手法が載っているのか大まかに理解している必要がありそうだ。

続きを読む "まず、コレから"

| | コメント (0)

2008年7月22日 (火)

月の動き-2

前回の「月の動き」は終始雲に阻まれ、「雲の動き」とごっちゃになった動画GIFになってしまった。
そこで、もう一度、撮り直したのだったが..
★月の動き(20日21時22分頃~27時33分頃<何と6時間!)
Moon0720xga39
Moon0720vga115
Moon0720svga58
2008年7月20日21時22分~27時33分(6時間11分)
K10D(ISO800,NR-on,JPG)/DA10-17mmF3.5→F4
マニュアル15秒露光→3分15秒休止を繰り返す(インターバル撮影)
@自宅付近

| | コメント (0)

2008年7月17日 (木)

月の動き

小学校4年理科で、「月の動き」が教科書に出てきます。
昨晩は、空一面に雲がある状態でしたが、月の動きの動画GIFを作成してみました。
◎画面中央付近の太陽のように明るく見えるのが月(ほぼ満月)です。

★【問題】↓この月は、どこの方位にあるのでしょう?
Moon0716x58
※いずれも画面をクリックすると、別窓に大きな動画像として表示されます※
★別のカメラで少し拡大したもの
Moon0716x47dx
答えは↓

続きを読む "月の動き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

簡易赤道儀?

【「星より器材」な話題】
デジ一眼(コントローラ)とオートガイダー、お気楽ノータッチ機TG-SD導入後、シャッターを切ると後はぼんやり星を見ていることが多くなった。
★ちょいと星見用に便利な器材はないか?★
そこで、双眼鏡=当初はビクセンのアスコット10×50を多用していた。
しかし、手持ちできるとはいえ重くて面倒になり、近頃はもっぱら今春導入したワイドビノ28である。
ところが、やはりワイドビノ28では物足りない=望遠鏡で星を見たいという気持ちが抑えきれない。
で、遊んでいるボーグ製10cmアクロマート鏡筒を再度持ち出すことにした。
ボーグに合う架台は....いろいろ考えた末、中古大型三脚+ミザール製微動経緯台となった。
★ボーグ10cmアクロマート on MIZAR経緯台(簡易赤道儀?仕様)
Mizar_7080958ux
水平設置して経緯台としても使えるが、水平回転軸を北極星方向に向けて簡易赤道儀にしてみた。
★微動経緯台部分
Mount_7080961x
水平(RA)微動部は360度OK/垂直(DEC)微動部は170度OK(いずれも微動ノブ1回転で4度)
水平・垂直ともにクランプ付き
★試運転ファーストライトは梅雨空雲間のうしかい座付近
Skyandtele_7080962ux
ミザール取説を見ると、搭載能力は3kg程度まで..となっている。
ボーグのプラ鏡筒(この10cmは掟破りのプラ鏡筒=笑)は軽量とはいえ、対物が10cmもあるため明らかに積載オーバー。
しかも経緯台を傾けただけの簡易赤道儀なので、ある程度のふらつきは覚悟していた。
望遠鏡に触れると案の定ビリつくが、望遠鏡に触れずにそっと見れば揺れやビリつきは気にならない。
ともあれ、当分これで撮影中の暇つぶしをしようと思う。

| | コメント (0)

2008年7月 4日 (金)

30分早ければ

帰宅時は降雨。その後、晴れ間があり、しばらく星空と銀河が見えた。
もう30分早く出ることができれば..悔やまれる。
撮影し始めたときは時既に遅く、雲に覆われていた。
East_2856bsx
画面右の輝星は木星
どんどん雲が広がり始め..
East_2858bsx
快曇状態となり撤収。空は稲光状態。
Tazro_2860bsx
2008年7月3日22時頃
K10D(ISO800,RAW)/PENTAX_DA10-17mmF3.5→F4
バルブ5分露光@自宅付近

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »