« 夕景 by PEN E-P1 | トップページ | 紫陽花 »

2009年8月 5日 (水)

(BO)ROYAL天体望遠鏡

北陸地方にもやっと梅雨明け宣言が出された。
しかし、空は雨雲がしっかり居座っている。相変わらず星見できない。orz
そういえば、アストロ光学の古い小型赤道儀を引き取ったままだった。
元は、口径5cmF15アクロマート(fl=750mm)の細長い屈折赤道儀。(R51)
が、鏡筒を見るとレンズは少し曇りがあるのと、星雲団を見るには口径が足りない。
ということで、ボーグ製10cmF6.4アクロマート屈折鏡筒を無理矢理載せてみた。
★改造(BO)ROYAL赤道儀、全体像
R101a0415ux
見た通り、明らかにトップヘビーで不自然。バランスウエイトも不足。
だが、それでも口径にこだわった。軽量化のため、この10cm屈折はプラスチック鏡筒だ。
★(BO)ROYAL赤道儀マウント部分
Eqmt0416x
赤道儀マウント部分は、見た目よりもずっと小型コンパクトだ。
5cm屈折ならば問題ないサイズだが、レンズ口径を大きくしたい、天体写真を撮りたい、といった目的には適さない。
★同-2
Eqmt0418x
赤経(極軸)微動は全周ウォーム、歯数はせいぜい100枚程度。
赤緯微動はバネ押し式のタンジェントスクリュー部分微動。
手軽に星を見るには、これで十分>電動化はしないつもりだ。
無理矢理10cm鏡筒を載せたので、アンバランスさは否めない。

|

« 夕景 by PEN E-P1 | トップページ | 紫陽花 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕景 by PEN E-P1 | トップページ | 紫陽花 »