« 処理スキル独習>バラ星雲 | トップページ | 独習>Xマスツリー星団付近+近況 »

2018年1月13日 (土)

冬のダイヤモンド

昨晩は珍しく晴れて星空が見えた。月明かりもなく好都合だったが、地元スキー場のナイター光が強烈で夜半前は自宅内で待機状態。orz
夜半に外を見るとまだ晴れていたので星見台へ。奇妙な尾で話題のパンスターズ彗星(C/2016R2)を狙うつもりだった。ところが、星見台ルーフが完全に凍てついていてびくともせず開けられない。=設置後初めての経験。昼間に解けた雪の水分が冷え込みによって開口部両面に凍り付き接着剤のようになってしまったらしい。仕方ないので彗星は諦め、庭先へ小型赤道儀を出して広角レンズで星空横着撮影↓冬のダイヤモンド↓

↓星座線入り↓緑線が「冬のダイヤモンド」


↓別処理↓(色がどぎつい画)

広角レンズ30秒なのに星が点になっていない。どうやらカメラ雲台の締め付けが緩んでいたのかも知れない。凍てつく寒さの野外であれこれ対処するだけの気力なく、結局これも諦めた。(;>_<;)
【データ】冬のダイヤモンド/2018年1月13日0時44分〜(30秒18枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/SAMYANG14mmF2.8→F4/P型赤道儀放置追尾@自宅前
==========================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿交叉足跡ハナのWeb天文台

|

« 処理スキル独習>バラ星雲 | トップページ | 独習>Xマスツリー星団付近+近況 »

天文・星空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬のダイヤモンド:

« 処理スキル独習>バラ星雲 | トップページ | 独習>Xマスツリー星団付近+近況 »