« 2/12太陽Hα像 | トップページ | 2/13太陽Hα像(前編) »

2020年2月13日 (木)

2/11水星と金星

2/11夕方、この時期の北陸では珍しい快晴空。西空の比較的高い位置に「宵の明星」金星が明るく輝いている。実はこの前日に東方最大離角となった水星が山稜近くに輝いていた↓(ノートリミング)
金星は明るいので比較的容易く見付けられるが、水星は一番太陽に近い所を公転しているために太陽から然程離れることが無く、意外と見つけるのに苦労する。
※何処に水星がいるのでしょう?※↓答えは追記へどうぞ↓

↓同、(長辺方向トリミング)↓
画面から水星を見付けられたでしょうか?
▲マーカー入り「水星と金星」全体像
同、長辺トリミング画像
【データ】水星と金星/2020年2月11日18時12分(1秒1枚)/Nikon1V1(ISO400,RAW-TIF)/1Nikkor10mm,F2.8→F3.5/三脚固定@自宅前
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!地平方向に開けた場所なら水星を観察できる時間が長くて有利(^_-)-☆
<はな>=^_^=山稜が視界を妨げるような場所では観察開始時間を早くする必要あるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U未だ明るいうちから水星を探すのは意外と難しいワン▽・。・▽


(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家はなとソラのWeb天文台

|

« 2/12太陽Hα像 | トップページ | 2/13太陽Hα像(前編) »

天文・星空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/12太陽Hα像 | トップページ | 2/13太陽Hα像(前編) »