« 2/2北斗七星@高鷲 | トップページ | 全周魚眼MEIKE6.5mm »

2020年2月20日 (木)

2/2うしかい座@高鷲

2/1-2@ひるがの高原その2↓うしかい座↓

↓同、星座線入り↓


この星座については諸説あるが、ギリシア神話では牛飼い男にあたる人物は居ないらしい。α星アルクトゥルスは全天で3番目に明るく見える恒星で、目立つ星が少ない春の星座の中ではとても目立つ。
【データ】うしかい座/2020年2月2日2時10分〜(120秒5枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW-TIF)/FUJINON35mmF1.4→F3.6/スカイメモsノータッチガイド@岐阜県郡上市高鷲町ひるがの高原


<以下、13年前4月に撮影・投稿した画像から>
↓牛飼い座、かんむり座↓

かんむり座はうしかいの直ぐ下にこぢんまりと..
↓同、星座線入り↓

↓北斗七星から↓

北斗七星(ひしゃく)のカーブを延長するとすぐに見つかる。
↓同、星座線入り↓

★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示★
【データ】2007年4月23日22時〜23時頃/ペンタックスK10D(ISO800,NR-on,JPG)/同DA21mmF3.2AL→F4/バルブ露光90秒〜2分
--------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!本文にもあるが、北斗七星のカーブを南下するとアルクトゥルスに至る(^_-)-☆
<はな>=^_^=アルクトゥルスの和名は「麦星」。麦の収穫期と関係あるらしいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U隣のかんむり座は小さいけど分かりやすい星座だワン▽・。・▽

(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家はなとソラのWeb天文台

|

« 2/2北斗七星@高鷲 | トップページ | 全周魚眼MEIKE6.5mm »

天文・星空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/2北斗七星@高鷲 | トップページ | 全周魚眼MEIKE6.5mm »