« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

9/30雲間の太陽Hα像

9/30,13時過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※昨日同様雲間からの太陽観察となったが、何とか薄雲越しだけは避けることが出来た。/2773活動域と南側の新小黒点は消滅して見えなくなったらしいが、今回も可視光像を撮る余裕は無かった。/薄雲越しではないので周縁の紅炎も、さしたる苦も無く写ったが、今日も目につくような噴出は見当たらず。比較的西側が活気あるように感じた。=東側は極小サイズしか見当たらなかった。
↓全体像(カラー1)↓13h22m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/30雲間の太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

9/29薄雲越し太陽Hα像

9/29,14時過ぎ、薄雲越しの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※朝から晴れてはいたが雲も多くタイミング合わないまま昼が過ぎた。14時を回ってようやく薄雲越しに太陽を捉えることはできた。薄雲のため背景ムラが生じ見苦しい画像になってしまった。これも記録ということでご容赦を。
2773活動域(画面上の破線赤丸)と南半球の小黒点(右の点線赤丸)はいずれも消えているらしい。少しでも雲が薄く太陽光がはっきりする時を狙っていたので可視光像まで撮る余裕無く、可視光による確認はできなかった。これとは別に中央南に新たな小黒点発生(画面中央下の破線赤丸)とのことだったが、これも確認できず未詳。/周縁の紅炎は、彼方此方小規模な噴出あるようだが薄雲に阻まれ詳細不明。一時は今日の観察諦めようかと思ったほど。
↓全体像(カラー1)↓14h13m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/29薄雲越し太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

9/28太陽Hα&可視光像

9/28昼の太陽Hα&可視光像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※Hα像で2773活動域は目立つが、肝心の黒点は可視光像でも有るような?無いような?(破線赤丸)状態。また、本体中央より南西側に微小黒点ありとのことで該当箇所にHα像では小さな白斑を伴う活動域あるが、可視光画像に黒点らしき影(点線赤丸)写らず。/周縁の紅炎は、昨日同様、北東縁の噴出が目につく程度だった。
↓全体像(カラー1)↓12h57m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/28太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

9/27太陽Hα&可視光像

9/27昼過ぎの太陽Hα&可視光像※9/25,9/26は天候不良で欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※朝から雨混じりの天候だったが、昼頃に回復し、雲の切れ間から観察できた。その後、再び曇雨天。/新黒点2773の活動域は確認できるが肝心の黒点は超微小らしく可視光像でも確認できなかった(破線赤丸内)。また、9/24南西に現れた無番号小黒点は消滅したのか痕跡不明に終わった。/周縁の紅炎で大きな噴出は無く、強いて挙げれば北東側の噴出ぐらいだった。
↓全体像(カラー1)↓13185m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/27太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

すばる(Starnet++試行)

秋雨前線の停滞により曇雨天が続く。=>(2日連続で掲載した球状星団画像も含め)溜まっていた星画像の処理にようやく手を付けることができた。今回はお盆最終日の晩に撮ったM45すばる↓久しぶりにStarnet++を利用した。
↓M45すばる〇A↓※いずれも画面左が北方向※

(Starnet++にかけた後、元画と比較明合成し、最後にDenoiseAIをちょこっと施した)
↓M45すばるA↓

続きを読む "すばる(Starnet++試行)"

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

8/16球状星団M10,M12

8/16晩、南西空に回り始めた球状星団をステラショットの撮影予約機能を利用して自動撮影した。
の続き>その2:へびつかい座の球状星団M10↓
↓M10↓(長辺方向トリミング)

↓同、中央部2048ドット平方等倍トリミング↓

続きを読む "8/16球状星団M10,M12"

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

8/16球状星団M5,M9

(1か月以上前で恐縮だが)8/16晩、南西空に回り始めた球状星団をステラショットの撮影予約機能を利用して自動撮影した。先ずは、へび座の球状星団M5から↓
↓M5↓(長辺方向トリミング)

↓同、中央部2048ドット平方等倍トリミング↓

続きを読む "8/16球状星団M5,M9"

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

9/24太陽Hα&可視光像

9/24,昼前の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※停滞前線の影響?で諦めていたが昼前に晴れ間があり今日も観察できた。これで6日間連続。/東縁に現れた新黒点には2773の番号が付いた。ただ、可視光像もHα像でも周囲の白斑は分かるものの黒点自体は超微小で見落としそう(実線赤丸大)。また、これとは別に中央より南東へ寄った辺りに小黒点が現れていた。未だ番号は無いが、此方の方は小口径屈折可視光像でもちゃんと黒い影が写っていた(実線赤丸小)。/周縁の紅炎で目立つ噴出は無いが、西縁ひょろっと高く伸びた噴出、東縁にはごく淡いながらもループ型噴出があった。
↓全体像(カラー1)↓11h55m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/24太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

9/23太陽Hα像

9/23,11時前の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※5日間連続しての太陽観察。(明日は天気崩れて駄目そう)/白っぽい空ではあったが高層雲に阻まれず=影響受けずに済んだ。/北東縁の活動域に25期新黒点(未だ番号無し)が現れたとのこと。ただ、可視光像を撮る余裕無く、Hα像では判然としなかった。昨日と違って周縁の紅炎噴出もあっさり写った。その中で一番大きかったのは南西縁の噴出、次に北東縁、南東縁、北西縁の順?。やはり雲さえ邪魔しなければちゃんと(紅炎が)写ることを再確認できた。
↓全体像(カラー1)↓10h50m

↓同(白黒)↓赤丸枠内が新黒点付近

続きを読む "9/23太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

9/22薄雲越し太陽Hα像

9/22,9時過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※連休4日間全て太陽観察できた。それは良かったが、またも高層雲に阻まれたため最悪の結果となった。バックが白んでしまい紅炎噴出が埋もれてしまったのが特に痛い。そこで、今回は紅炎噴出がある箇所を赤丸マークで囲んだ。無黒点続いているが、北東縁に新活動域が現れ始め、白斑部分が姿を現し始めたとのこと。画面左隅(東縁)にそれと思しき箇所あるようにも思うが、判然とせず。
↓全体像(カラー1)↓9h11m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/22薄雲越し太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

9/21昼の太陽Hα像

9/21昼過の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※昨日は雲越しのため小さく淡い紅炎は殆ど確認できなかったが、今日は雲に邪魔されず観察できた。相変わらず無黒点ながら、紅炎は小さいのがあちこち噴いていた。その中で一番大きいのは南東縁の噴出で、東縁にもごく淡いが比較的大きな噴出が確認できた。NICT情報によれば北東縁から新黒点が現れそうとのこと。
↓全体像(カラー1)↓12h56m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/21昼の太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

9/20雲越し太陽Hα像

9/20昼過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※昨日と変わらず今日も無黒点。周縁の紅炎も目につく噴出が何処にも見当たらない。強いて言えば南東側に小さな噴出がある。他にも淡く小さな噴出ある筈だが、高層薄雲越しのため周縁部レベルが通常よりもかなり高く、それに埋もれてしまったと思われる。
↓全体像(カラー1)↓13h22m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/20雲越し太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

9/19太陽Hα像(フィルター交換)

9/19,9時過ぎの太陽Hα像※9/17,9/18は天候に恵まれず欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※今日も無黒点。周縁の紅炎も目につく噴出が何処にも見当たらずとても寂しい状態。/今回は曇り?滲み?発生が気になるBGフィルター(以下、「本家」)のスペアとして中華から届いた非純正BGフィルター(以下、「分家」と)を使って試写した画像を載せる。
↓全体像(カラー1)↓9h7m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/19太陽Hα像(フィルター交換)"

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

ぐんぐん近づく火星

9/2未明、9/9未明、9/14未明、9/16未明の火星を並べてみた。見かけの大きさが同じになるように同一機材&拡大率も統一した。
※いずれも望遠鏡視野に合わせた逆像表示=画面上が南、右が東方向になっている※

↓【9/2未明】↓

↓【9/9未明】↓

↓【9/14未明】↓

↓【9/16未明】↓

続きを読む "ぐんぐん近づく火星"

| | コメント (0)

9/14未明の火星

掲載順が逆になってしまったが、9/13未明の火星画像↓

↓【9/13,UT16h0m】↓
↓【9/13,16h02m】↓
追記へ続きます。

続きを読む "9/14未明の火星"

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

9/16未明の火星

前回9日の投稿からさらに1週間後9/16未明の火星。さらに大きさが増しているのが直ぐに分かった。上り始める時間帯も早くなっており21時頃には東空に明るく赤い色で輝いている。来月初めの最接近時はさらに早く日没後空が暗くなる頃には東空に姿を見せる。
9/15,UT15h47m↓

↓追記へ続きます↓

続きを読む "9/16未明の火星"

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

9/16太陽Hα像

9/16,13時過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※無黒点。周縁の紅炎も昨日より淡く小さくなり寂しくなった印象。ただ、若干東側の噴出多くなった気がするのがちょっぴり安心材料?。東縁と北西縁に淡い噴出が上がっていた。
↓全体像(カラー1)↓13h11m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/16太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

9/15太陽Hα像

9/15,10時半の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※昨日北西側にあった小黒点は成長せず見えにくくなった(赤色破線丸枠付近)らしい。黒点番号は未だ付いていないが、無名のまま西縁へ隠れるのかも?見えなければ仕方ない。時間に余裕なく、可視光画像を撮影・確認するに至らず。/北西側の噴出はあっさり目視確認できた。その反対側=南東側には互いに少し離れて3本の噴出が上がっていた。
↓全体像(カラー1)↓10h28m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/15太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

9/14太陽Hα像

9/14,午後の太陽Hα像※9/13はタイミング合わず欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※無黒点?というか、欠測した昨日南西側に小黒点発生したらしい。その痕跡だけは確認できた(赤▲)。替わって北西側に新小黒点の情報あり。これもその箇所だけ判明したが、雲間の観察だったため時間に余裕なく、可視光画像を撮影・確認するに至らず。周縁の紅炎は、一昨日東側に確認できた噴出が見当たらず、よほど淡くなってしまったか?衰えたか?。さほど大きくは無いが北西側の噴出が比較的目についた。
↓全体像(カラー1)↓14h32m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/14太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

9/12雲間の88Pハウエル彗星

9/12夕、南西低空の88Pハウエル彗星をようやくにして捉えることが出来た。↓
↓【1】20秒×29枚コンポジット↓

※比較的雲の影響の少ないコマ29枚で合成した
↓【2】初めの頃11枚コンポジット↓

続きを読む "9/12雲間の88Pハウエル彗星"

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

9/12太陽Hα像

9/12,9時過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※引き続き無黒点。昨日、淡いながらも大きく広がった噴出が南東縁に上がっていたが、今日は少し衰えたのか小さくなっていた。ただ、本体のダークフィラメント影とつながって見える箇所が見られた。東縁9時方向付近の噴出は起毛同様、目視確認できた。
↓全体像(カラー1)↓9h18m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/12太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

9/11太陽Hα+オマケ

9/11朝の太陽Hα像※9/10は天候不良で欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※無黒点が続く。周縁の紅炎も目につくような明るく大きな噴出は見当たらない。ただ、南東縁に淡いながらも大きく広がった噴出が上がっており、画像処理してみるとなかなか見応えのある形状をしていた。
※後のオマケは、明け方の東天。ひょっとしたら未明から晴れる?火星観察出来るやも?と思っていたのに、完全に寝過ごしたため、悔し紛れに東天の金星をニコワンで超横着撮影したもの。(-_-;)
↓全体像(カラー1)↓8h54m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/11太陽Hα+オマケ"

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

9/9未明の火星

来月6日の最接近tを控えた火星がぐんぐん大きくなっている。2年前は大接近で地球へ5千数百万kmまで近づいたが、南中時の火星高度が低く上空大気状態に左右されたことや、梅雨が明けていよいよという時になって火星自体に大砂嵐が発生し、表面模様が殆ど見えなくなってしまい残念な結果に終わった。
今年はこの大接近より約500万kmほど遠い中接近だが、前回よりもぐんと位置が高く上空大気の影響が少ない。また火星自体に未だ砂嵐が起きていない。9月に入り一段と明るく大きくなっているのでうまくいけば11月いっぱいまで条件よく観察できると思われる。小口径望遠鏡でも白い南極冠や大シルチスなど主な模様は確認できる筈である。
↓【1】SER動画100秒×3shot,Derotation画像0h39-46m↓

↓【2】SER動画100秒×3shot,Derotation画像1h02-06m↓

続きを読む "9/9未明の火星"

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

9/9太陽Hα像+オマケ

連日似たような太陽Hα観察記録=地味な内容が続いてますが、「科学は観察記録の蓄積から」ということでご容赦を。m(_ _)m
9/9朝の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※相変わらず無黒点。周縁の紅炎も目につくような噴出は見当たらない。太陽東側(左側)は、これから我々地球側へ回って来るので気にかけるようにしている。
※後のオマケは、青空下の月。小六理科の教科書に「昼間に月が見える」という内容があるそうで。
↓全体像(カラー1)↓8h18m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/9太陽Hα像+オマケ"

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

9/8太陽Hα像

9/8,8時過ぎの太陽Hα像※9/7は天候不良で欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※無黒点。南東側に新小黒点?とのことだったが、小口径では不詳。可視光像は撮らなかった。北半球側に展開していた活動域が西縁へ隠れ始めており、それと関係あるのか不明だが、北西縁に高さは無いものの広がりのある噴出が上がっていた。
↓全体像(カラー1)↓8h11m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/8太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

9/1土星

9/1晩の土星。Derotationしたもの2枚と、それに使用した1ショット画像を並べて載せます。
↓土星Derotation・1↓

↓同、Derotation・2↓

続きを読む "9/1土星"

| | コメント (0)

9/1木星

9/1晩の木星。Derotationしたもの2枚と、それに使用した1ショット画像を並べて載せます。
↓木星Derotation前半3ショット↓

↓同、Derotation後半4ショット↓

続きを読む "9/1木星"

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

CMOSカメラ vs デジ一眼(9/6太陽Hα)

9/6午前の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※超久しぶりにCMOSカメラ(178MM)を使用してみた。『何でも実際にやらないでいると忘れてしまう』が持論で、ここ1,2年というものCMOSによる太陽観察を全くしていなかったから。(比較のためCMOSカメラ178MM,デジイチLumixG7の画像を並べた)
本日も無黒点。周縁の紅炎は南西側に炎のような形状の噴出、東縁に小さな噴出がある程度。画の精細さで178MMの方に分があることがお分かりいただけるだろうか?
(どの画像もクリックすると別窓等倍表示され、比べやすいかと思う)
↓全体像(カラー)178MM↓

↓同左、LumixG7↓

続きを読む "CMOSカメラ vs デジ一眼(9/6太陽Hα)"

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

LUNT太陽鏡復活再生

9/5,9時過ぎの太陽Hα像(番外:LUNT太陽鏡復活再生編)
※画像をクリックすると別窓に拡大表示※太陽・月撮影用に使っているカメラ(LumixG7)が不調では観察に支障が、、ということで、久しぶりにCMOSカメラ(ASI178MM)で試写してみた。↓全体像(白黒L)↓※南東部完全露光オーバー(白飛び)※

m(_ _)m南東側部分は白飛びのため欠如m(_ _)m
CMOSカメラ(白黒)は、感度高く優秀だが所謂ラチチュード(諧調)が狭い。というか、全体的に露光オーバーになり、画面左下(南東側)が極端に白く飛んでしまい、白飛び部分は再現不能のため、このように南東部分が一部欠けた画像になってしまった。
↓以下、部分拡大↓北東側↓

続きを読む "LUNT太陽鏡復活再生"

| | コメント (0)

9/5太陽Hα像

9/5,9時過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※前日9/4南東縁に新小黒点?との情報得た。が、痕跡は見つかれど無黒点。周縁の紅炎は南西側に淡いなからも広がりのある噴出を確認できた。
(続編で投稿するが)8月末頃からのLUNT太陽望遠鏡不調の原因が判明し、スッキリ明るく見えるようになった。撮影時のピント合わせも楽にできるようになった。
↓全体像(カラー1)↓9h11m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/5太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

9/4太陽Hα像

9/4,9時過ぎの太陽Hα像※9/3はタイミング逃し欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※無黒点が続いている。周縁の紅炎も淡いか、小さいものしか見当たらず、とうとうLUNT望遠鏡が逝かれたか?と思ったほど。否、近頃不調のカメラが壊れたのかも知れない。>撮影時のモニター像が暗く、記録された画像も暗い。映し出される画像が暗いためピント合わせもやり辛くなっている。設定をリセットしても改善しないので困っている。殆ど太陽オンリーなので、撮像素子に負担がかかり音を上げてしまったのだろうか?
↓全体像(カラー1)↓9h16m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/4太陽Hα像"

| | コメント (0)

今までで一番の火星

9/2未明の火星画像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※太平洋高気圧のお陰でメチャクチャ暑い代わりに、この晩も大気状態は落ち着いていた。ただ、南に低い木星や土星はそれほどでもなかった。それぞれ1,2セット撮り、その場で初期処理してみたが、あまりパッとしないが、それほど酷い大気状態でもない。ルーフ越しに火星が東空を上り始めているのが見えた。平日晩なので無理はできないが、日付替わる頃まで待って撮影した。その頃になれば高度も上がり、揺らぎの影響をあまり受けない。

↓9shot Derotation↓

↓7shot Derotation↓

追記へ続きます↓

続きを読む "今までで一番の火星"

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

実写版>9月の星空案内

↓9/3未明月齢14.5↓(満月から半日後)※今年の「中秋の月」は10月1日で次の満月※

-----------------------------------------------------------------------------
2(水)◯満月/6(日)月、火星へ接近/7(月)白露/10(木)火星が留、下弦/中旬:金星とプレセぺ星団が接近/13(日)木星が留/14(月)月、金星へ接近/17(木)●新月/19(土)秋の彼岸/21(月)敬老の日/22(火)秋分、水星とスピカ最接近/24(木)上弦、月面X/25(金)月、木星へ接近/26(土)月、土星へ接近/29(火)土星が留
-----------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2020を参考にしました※
=============================================================================
【データ】月齢14.5/2020年9月2日24時2分(30秒×4枚合成)/ASI1600MCC(Gain=115,Gamma=50,Shutter=1.1msec,fps=15,SER)/C11+0.75RC(fl=2100mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA

続きを読む "実写版>9月の星空案内"

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

9/2太陽Hα像

9/2朝の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※今日も無黒点。昨日、東縁にあった淡いながらも高さのある紅炎は見えなくなっていた。残念。幸いにも西縁の大きく広がる噴出は未だ残っていた。北半球子午線付近を中心に引き続き活動域が大きく広がっている。
↓全体像(カラー1)↓8h25m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/2太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

9/1太陽Hα像

9/1昼過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※9月最初の太陽観察は午後になった。黒点は無かったが、東縁に淡いながらも高さのある紅炎噴出。西縁にも昨日に引き続き大きく広がる噴出があった。
↓全体像(カラー1)↓13h50m

↓同(白黒)↓

続きを読む "9/1太陽Hα像"

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »