« 2020(子)を振り返る>9月 | トップページ | 2020(子)を振り返る>11月 »

2020年12月29日 (火)

2020(子)を振り返る>10月

10月上旬(正確には10/6)この夏から接近中の火星が地球最接近を迎えた。

★★★【10月】の火星(抜粋)★★★↓追記へどうぞ↓

(>以下、今年の火星接近の概要については、↓このページ一番下へ書きます↓)

↓【12/27】UT1223−1230,×3ShotDerotation↓

↓UT1325↓

↓【10/26】UT1223−1230,×3ShotDerotation↓

↓UT1230↓

↓【10/20】UT1259-1305↓x3Derotation↓

↓UT1259↓

↓【10/19】UT1241−1244,×2Derotation↓

↓UT1241↓

↓【10/15】衝の日UT1336-1343DR↓

火星は外惑星でありながら地球との
位置関係から一部影になって見えない
箇所が生じる。

衝の日の火星は地球-太陽とほぼ
一直線上に並ぶため満月と同じ状
態=まん丸になっているのが
分かる。


※DR=Derotation

複数のショットを撮影していると
自転で火星像にズレが生じるため
複数ショット中央値(時刻)に統一
して惑星像を合成する=自転による
ズレを抑えられる。
↓【10/11】UT1306↓

↓UT1330↓

↓【10/10】UT1432↓

↓UT1439↓

↓【10/5】UT1347↓

↓UT1532↓

↓【10/3】UT1451↓

↓UT1448↓

↓【10/1-2】UT1625↓

↓UT1533↓

↓UT1513↓

↓UT1423↓

2年前夏の大接近ではさらに地球との距離を縮めたが、その位置がさそり座〜いて座辺りで南空低く、さらにはいよいよ大接近という時になって火星表面に大砂嵐が発生し、精細な火星像を得られなかった。今回は秋たけなわの時期の接近でジェット気流の影響が懸念されたものの、夏の太平洋高気圧が秋に入っても衰えなかった(=残暑厳しかったが上空気流が落ち着いていた)のが幸いしたこと、南中時の火星高度がかなり高く上空大気の影響を受けにくかったこと、火星表面に大砂嵐が起きなかったことなどから、2年前の大接近よりも精細な火星像を得ることができた。
(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家はなとソラのWeb天文台

|

« 2020(子)を振り返る>9月 | トップページ | 2020(子)を振り返る>11月 »

天文・星空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020(子)を振り返る>9月 | トップページ | 2020(子)を振り返る>11月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

天文関係