« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

3/31太陽Hα&可視光像

3/31,11時の太陽Hα&可視光像※3/30は黄砂酷くて欠測※画像クリックすると別窓に拡大表示します※今日は少し青味ある空に戻り太陽観察できた。というか、昨日は黄砂酷すぎ。/2812黒点は消滅したようで可視光で確認できず。2811黒点同様Hα像だと活動域が分かる。/周縁の紅炎では、何と言っても西側に拡散し大きく広がった噴出が素晴らしい。ただ、淡くて観察時は全く気付かず処理過程になって気付いた。次いで南南西縁の明るい噴出と東縁の尖り屋根状噴出が目についた。
↓Hα全体像(カラー1)↓10h56m

↓可視光全体像(白黒)↓11h2m

続きを読む "3/31太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

3年前3/31,ISS月面通過@朝日

気象学的には晴れなんだろうけど、黄砂の影響があまりに酷く、終始太陽は輪郭はっきりせず観察不能>ということで3年前同期の記事から↓(この時は金井宣茂飛行士がISS搭乗中)
----------3年前3/31国際宇宙ステーション月面通過----------
本日3/31未明、金井宣茂宇宙飛行士搭乗中の国際宇宙ステーションが月面前を通過する現象を県東端、下新川郡朝日町で捉えることに成功した↓とりあえず証拠の静止画像(笑)↓

↑惑星用CMOSカメラ(ASI178MM)でAVI動画(30fps)撮影した中から通過部分20コマを切り出し、比較暗合成した。
↓ミラーレスデジ一眼で高速連写し比較暗合成したもの↓

続きを読む "3年前3/31,ISS月面通過@朝日"

| | コメント (0)

2021年3月29日 (月)

5割超確定>3/29太陽Hα可視光

3/29,9時半過ぎの太陽Hα&可視光像※3/286は天候不良で欠測※画像クリックすると別窓に拡大表示します※黄砂酷くなる前に観察したが、春分過ぎて太陽は8時頃には十分高度あるため、もっと早く観察しても問題なかった。しかも観察時より青空だった。(-_-;)/2812黒点は影がはっきり分かったが2811黒点は活動域は確認するも黒点不明。/周縁の紅炎は東縁と西縁の噴出が目につき、中でも東縁の噴出はハート型?の噴出が浮かんでいて下の支えが片方淡くて見えない?感じで面白く感じた。
↓Hα全体像(カラー1)↓9h39m

↓可視光全体像(白黒)↓9h43m

続きを読む "5割超確定>3/29太陽Hα可視光"

| | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

5年前3/28上空大気良好下の木星

3/28天気はれ気味で次第に風雨が強まってきた。昨日は良好、明日は天候回復するらしいが、とんだ日曜日となった。>ということで、5年前の投稿記事を再掲↓
----------6年前投稿記事↓3/28上空大気良好下の木星@自宅↓----------
昨夜は星が瞬き風もあったが、上空大気の状態はとても良好だった。昨日3/28晩の木星↓
【3/28晩・1】

【3/28晩・2】

続きを読む "5年前3/28上空大気良好下の木星"

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

野口飛行士(搭乗中のISS)月面通過

昨秋、野口聡一飛行士がISS国際宇宙ステーションに搭乗されてから何度か野口さん(搭乗中のISS)を捉える機会あったが、ことごとく失敗に終わっていた。>昨晩3/25深夜、ようやく野口さん(搭乗中のISS)を捉えることに成功した。\(^_^)/
【3/25,ISS月面通過】↓(月齢12.2全体)

(いずれも画面上が北方向)元映像は毎秒30コマ(30fps)動画で、月面には17個のISS影があることから、約0.6秒で月面の前をISSが通り過ぎたことになる。
↓同、通過前半部分:元画の縦横を×1.5拡大↓

続きを読む "野口飛行士(搭乗中のISS)月面通過"

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

続)ASIAIR試行その2>月齢10.0

続)ASIAIR試行その2>月齢10.0です。
【3/22月齢9.1】

↓北側↓

続きを読む "続)ASIAIR試行その2>月齢10.0"

| | コメント (0)

続)ASIAIR試行>月齢9.1

続編)ASIAIR pro試行3/22晩の月齢9.1と3/23番の月齢10.0です。
※各画像をクリックすると別窓等倍表示します※
【3/22月齢9.1】

↓北側↓

続きを読む "続)ASIAIR試行>月齢9.1"

| | コメント (0)

2021年3月24日 (水)

3/24太陽Hα&可視光像

3/24,10時半前の太陽Hα像※画像クリックすると別窓に拡大表示します※北東縁新黒点に2812の番号付いた。(それを知る前に編集したので2812?と表記)その隣に2811黒点、いずれも少しずつ地球側へ向いてきていて特に2812黒点はあっさり確認できる。周縁の紅炎は昨日同様低調で北北東縁の紅炎が目につく程度。東側に広がりはあるものの高さが無くへばりついたような噴出、西側は更に低調で小さいのがチラホラ。黒点ないがダークフィラメント影のある2810活動域が西へ近付きつつあり少しだけ期待。
↓Hα全体像(カラー1)↓10h8m

↓可視光全体像(白黒)↓10h14m

続きを読む "3/24太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

3/23太陽Hα&可視光像

3/23昼の太陽Hα像※3/21,3/22は天候不良で欠測※画像クリックすると別窓に拡大表示します※北東縁に2811小黒点、さらにその東端に無番号の黒点が登場。無番号の方が2811より大きな影で(勝手に2812?の番号を付けた)、どちらも小規模。ただ、Hα像では明るい部分を伴う活動域があるのが確認できる。西へ回り始めた2810群は可視光で黒点確認できないが、Hα像だと活動域がはっきり分かる。周縁の紅炎噴出は小規模なものばかりで、強いて言えば北北東縁に明るいピラミッド状噴出。淡いながらも東に1本、棒状の噴出跡が浮かんでいるのが印象的だった。
↓Hα全体像(カラー1)↓10h8m

↓可視光全体像(白黒)↓10h2m

続きを読む "3/23太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

続)ASIAIR pro稼働試行

天候回復遅れ3/22も太陽観察休止。で、太陽以外のイロイロ諸々その2。
↓ASIAIRpro本格稼働実験試写その2↓M64黒眼星雲↓

↓同、中央部トリミング↓

続きを読む "続)ASIAIR pro稼働試行"

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

本格稼働試行>ASIAIRpro

此処のところ太陽観察記録が続いた。3/21は雨混じりの天候で休止。その太陽観察と並行して他にもイロイロ試行をしている。今回はその中から。ようやくにしてASIAIRpro本格稼働の目処がどうやらついた。先ずは最初の試写画像↓M41↓

↓M41↓中央部トリミング

続きを読む "本格稼働試行>ASIAIRpro"

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

3/20昼の太陽Hα像

3/20昼の太陽Hα像※画像クリックすると別窓に拡大表示します※朝の晴れ間に撮影できず、その後別用でつぶされ昼になって雲間からようやく太陽観察できた。概ね昨日と同様。2810黒点は残っているが、2808群は黒点見当たらず活動域のみ。(雲が邪魔して可視光像撮る余裕なし)/紅炎では、前日に続き南南西縁に細く長く伸びた淡い噴出が目についた。
↓Hα全体像(カラー1)↓12h52m
↓Hα全体像(白黒)↓

続きを読む "3/20昼の太陽Hα像"

| | コメント (0)

2021年3月19日 (金)

3/19太陽Hα&可視光像

3/19の太陽Hα&可視光像※画像クリックすると別窓に拡大表示します※2810黒点は残っているが、2808群は黒点見当たらず活動域のみ。/紅炎では、南南西縁に細く長く伸びた淡い噴出があるのが目についた。
↓Hα全体像(カラー1)↓10h35m

↓可視光全体像(白黒)↓10h40m

続きを読む "3/19太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

3/18南中時の太陽Hα&可視光像

念。2808黒点も影が判らず不詳。2810群は次第に正面へ回ろうとしているのに昨日と大きさ変わらずちょっと残念。東縁に林立していた小規模紅炎は数が減った感じを受けたが、北東縁や東縁の噴出は明るく感じた。小さいながらも南西縁にも2,3噴出あり。
↓Hα全体像(カラー1)↓11h51m

↓可視光全体像(白黒)↓11h56m

続きを読む "3/18南中時の太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月17日 (水)

3/17太陽Hα&可視光像

3/17,13時の太陽Hα&可視光像※3/16は天候不良で欠測※画像クリックすると別窓に拡大表示します※<可視光>北東縁に2810群登場し半暗部を伴う黒点影を確認。西へ回り始めている2808黒点は何とか確認できるレベル。また、黒点はないものの南東側に活動域が広がっている。<Hα像>何といっても北北東縁に最近にしては大きく明るい噴出が見事で、真っ先に目につく。その正反対側南南西縁にも小さなループ状噴出上がっていたが、全体的に東側が賑やかな印象で小さい噴出が林立している。
↓Hα全体像(カラー1)↓13h0m
↓可視光全体像(白黒)↓13h8m

続きを読む "3/17太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

6年前同期NGC3628

昨夜はまだ星が見えたもののPM2.5にも阻まれ実質的に星見は叶わず。今朝はまだ雲薄かったが次第に下り坂となり、現在小雨。>ということで6年前同期の投稿を再掲↓
---------- NGC3628 ----------
3/16晩、ラブジョイ彗星の撮影後、しし座トリオの一角、系外星雲NGC3628を狙った↓カラーポジ画像↓

↓白黒ポジ画像↓

続きを読む "6年前同期NGC3628"

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

3/15太陽Hα&可視光像

3/15,11時過ぎの太陽Hα&可視光像※画像クリックすると別窓に拡大表示します※<可視光>2808黒点は辛うじて確認できるレベル。2809は昨日より若干確認し易くなったか?。その東に新たに(番号付いてない)小さい黒点影が2,3現れていた。<Hα像>昨日同様、パッと目につく噴出はなく、東側は5,6か所小規模な噴出が林立していて賑やかな感じがするものの、西側は南南西に淡いながら広がった噴出と西縁に小さい噴出だけが確認できる程度だった。
↓Hα全体像(カラー1)↓11h10m

↓可視光全体像(白黒)↓11h13m

続きを読む "3/15太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月14日 (日)

3/14太陽Hα&可視光像

3/14南中直前の太陽Hα&可視光像※3/12,3/13は天候不良で欠測※画像クリックすると別窓に拡大表示します※天候回復を待ち、昼近くになってようやく観察。<可視光>北側2808黒点は子午線近くへ達しポツンと1つはっきりりした影を確認。南側2809黒点は微小な影が2,3散らばっている感じ。<Hα像>周縁にパッと目につくような噴出見当たらず。東側にいくつか小規模な噴出を確認できたが、西側は南南西に1か所と西縁に淡いのがある程度。全体的には少し地味な印象
↓Hα全体像(カラー1)↓11h42m
↓可視光全体像(白黒)↓11h47m

続きを読む "3/14太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

3/11名残のバラ星雲

3/11晩に撮ったいっかくじゅう座のバラ星雲↓

3月中旬にもなると、いっかくじゅう座は明らかに西へ傾き始めていた。この時間帯は薄雲の影響で透明度も悪く写りがパッとしない。など、諸々事情あって総露出30分で切り上げた。これ以上続けても西低空になりますます条件悪化するだけ。
↓同、元画像↓

続きを読む "3/11名残のバラ星雲"

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

マルカリアン・チェーン周辺

本日3/13は、オンラインメシエマラソン2021(https://www.facebook.com/events/358432402062578)の日。※「メシエマラソン」についてはネットでググっていただければ幸いです。
あいにく今宵も当地は天候思わしくないので実際には参加できそうにない。ということで、比較的メシエ天体が密集している領域の一つ?おとめ座銀河団の一角、マルカリアン・チェーン周辺を以下に掲げる↓
↓マルカリアン・チェーン周辺(元画像)↓

↓同、文字入り↓

続きを読む "マルカリアン・チェーン周辺"

| | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

3/10,11三惑星と月/小惑星ベスタ

晴れが続いて太陽観察記録が続いたが、その間に観た(撮った)別モノ記事です。(-_-;)
【1】↓3/10明け方東天:三惑星と月↓

肉眼では木星と月しか判らなかった。/薄明でどんどん空が明るくなっていくのと、東低空の雲(の厚み)、一番低い水星が山稜の上に姿を見せ始める時刻、とのせめぎ合いで全く余裕が無かった。
FaceBookで『月が美しかったですね』と同意を求められた。>月だけ見ていれば「美しい」とか感じるゆとりもあったと思うが、、。しかもへんてこりんな月画像まで添付してきて。添付画像に「いいね」して欲しかったんかなあ?>「そんな余裕無かった」と返したら、「美しさが感じられなかったとは。残念です」と来た。<押しつけがましいのはやめて欲しいなあ。(呆)
【2】↓接近中の小惑星ベスタ↓3/10

続きを読む "3/10,11三惑星と月/小惑星ベスタ"

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

3/11太陽Hα&可視光像

3/11午前の太陽Hα&可視光像※画像クリックすると別窓に拡大表示します※朝から青空が広がり気持ち良い晴天。昨日同様2808と南東側の新小黒点は健在。新小黒点に番号はまだ付いていない。北北東と南南西縁の噴出が目につき、中でも北北東の噴出は淡いながらも鳥が翼を広げたような形状の噴出が素晴らしかった。
↓Hα全体像(カラー1)↓9h36m

↓可視光全体像(白黒)↓9h45m

続きを読む "3/11太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

3/10太陽Hα&可視光像

3/10午後の太陽Hα&可視光像※画像クリックすると別窓に拡大表示します※天候回復遅れ午後からの観察となった。可視光像では、北東縁に2808群が登場し、ハッキリした黒点影あるのが直ぐに分かった。さらに、本体南東側にもはっきりした小黒点の影があったが、これは未だ番号無し。2806群は裏へ回り見えなくなり2807群も西縁へ近付いていた。周縁の紅炎では、大きな噴出ないものの周縁は彼方此方6か所ほど賑やかに噴いていた。
↓Hα全体像(カラー1)↓13h48m

↓可視光全体像(白黒)↓14h37m

続きを読む "3/10太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月 9日 (火)

3/9太陽Hα&可視光像

3/9昼の太陽Hα&可視光像※3/5,3/6,3/7,3/8は天候に恵まれず欠測※画像クリックすると別窓に拡大表示します※◆可視光>2806群は南西縁に達し明日には見えなくなりそう。2807群付近に小さな黒点が写っていた。東側にも何箇所か活動域?白斑らしき箇所?があり(=可視光点線赤丸)黒点現れるかも?/周縁の紅炎で特に目立つ噴出無いものの全周で6か所ほど目に止まり、賑やかになってきた感じを受ける。個人的には淡いながらも南南西縁の噴出の広がりが印象的。
↓Hα全体像(カラー1)↓12h27m

↓可視光全体像(白黒)↓12h34m

続きを読む "3/9太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

1年前3/7,ISS月面通過@楡原

3/7朝から冷たい一日だった。晴れ間も無く太陽観察も不能。ということで、昨年同期の記事から再掲載↓
----------3/7深夜、ISS国際宇宙ステーション月面通過----------
今回は岐阜石川県境→白川郷→利賀村金剛堂山→富山市楡原→立山町→上越市付近で日本海へ抜けるコース。前回は天候を理由に早々に諦めて後悔したので、今回は出かけて納得する方を選んだ。今回はいろいろ検討した結果、富山市楡原で迎え撃つことにした。
↓通過時前後の動画画像(YouTube)↓

※再生時間はたった3秒です※繰り返しません>手動で再度再生してください※
↓動画データから通過部分を静止画変換し、比較暗合成したもの↓

続きを読む "1年前3/7,ISS月面通過@楡原"

| | コメント (0)

2021年3月 7日 (日)

太陽Hα別処理法を試す

観察中の薄雲通過はよくあることだが、瞬撮1枚撮りなら雲通過時を避ければ済むものの、動画撮影では影響を受け、コントラスト低下だけでなく画像に濃淡ムラが生る。雲が厚ければもろに影響を受ける。で、なるべくその影響を回避する処理法がネットで紹介されていたので試してみた。>今回試したのは3/4の太陽Hα像。以下、今回の処理画像(A)、前回の処理画像(B)の順に掲載。以下、備忘録です。
↓3/4太陽Hα(A)カラー1↓

↓3/4太陽Hα(B)カラー1↓

続きを読む "太陽Hα別処理法を試す"

| | コメント (0)

2021年3月 6日 (土)

MAKSY60&ASIAIRpro-6

以下、1諭吉でお釣りが来た廉価特価品MAKSY60と野外用ASIAIRpro記事その6です。
↓月齢9.6↓

↓同2↓

続きを読む "MAKSY60&ASIAIRpro-6"

| | コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

CMOS対ミラーレス>3/4太陽Hα

3/4,11時の太陽Hα&可視光像の続編:超久しぶりに野外へノートPC持ち出し、CMOSカメラ(ASI178MM)で太陽Hα像を撮ってみた。※画像クリックすると別窓に拡大表示します※比較のため、いつものミラーレス一眼機(LumixG7)と並べてみた。
↓Hα全体像(CMOSカラー1)↓

↓同全体像(Lumixカラー1)↓11h0m

続きを読む "CMOS対ミラーレス>3/4太陽Hα"

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

3/4太陽Hα&可視光像

3/4,11時の太陽Hα&可視光像※画像クリックすると別窓に拡大表示します※薄雲越しで精細を欠くが、2806,2807黒点はいずれも前日と大差ない感じ。/周縁の紅炎は、小さいものばかりの中にあって東縁に細く伸びた噴出が目についた。
↓Hα全体像(カラー1)↓11h0m

↓可視光全体像(白黒)↓11h10m

続きを読む "3/4太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月 3日 (水)

3/3桃の節句の太陽Hα&可視光像

3/3桃の節句の太陽Hα&可視光像※3/2は天候不良で欠測※画像クリックすると別窓に拡大表示します※午前中は曇天で天候回復を待ち午後の観察/南半球子午線付近に2806黒点、東側に2807黒点が登場していた。どちらも小さいながらハッキリ複数の黒点が写っていた。2807はCフレア頻発しているとのことでHαモニターでも白く明るい部分あるのをあっさり確認。これから子午線付近へ進出して来るので期待がもてるやも。周縁に小さな紅炎があちこち噴いていたが。大きく目立つのは見当たらなかった。
↓Hα全体像(カラー1)↓14h7m

↓可視光全体像(白黒)↓14h14m

続きを読む "3/3桃の節句の太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

2/27月齢15.8

1諭吉で買った特価品MASKY60試写結果も兼ねて↓(その6※を飛ばして)その7↓※その6は後日掲載予定※
↓月齢15.8全体像↓

上空大気状態が比較的良かったのか?そこそこの写り。とはいえ(当たり前のことながら)解像度・分解能は口径6cmを超すものでは無い。
↓上画像の合成に使った月面北側半分↓

続きを読む "2/27月齢15.8"

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

3/1雲越し太陽Hα

3/1昼の太陽Hα像※画像クリックすると別窓に拡大表示します※午前中は透明感のある晴れだったが業務と重なり実際に観察したのは昼、雲越しになってからで、ムラは生じなかったものの不鮮明な画しか得られず詳細不明。目につくような黒点や明るく紅炎噴出は見当たらないようだった。※薄雲越しで悲惨な原板を無理矢理処理=精細さがなく見苦しい像になってますm(_ _)m
↓Hα全体像(カラー1)↓12h8m

↓Hα全体像(白黒)↓

続きを読む "3/1雲越し太陽Hα"

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »