« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月28日 (月)

2/28太陽Hα&可視光像

2月最終日10時前の太陽Hα&可視光像※2/27は天候とタイミング合わず欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は、2954,2955,2957群と北東縁近くの無番号黒点の計4群。北半球を中心にダークフィラメント影がいくつも目についた。/周縁の紅炎は南東側、南西側、北西側にそれぞれ特徴ある形状の噴出が上がり賑やかな印象。また、東縁奥にはごく淡く広がった噴出があり、今後、地球側へ回って来ることが予想され、期待していいのかなあ?と思った。
↓Hα全体像(カラー1)9h48m↓

↓可視光全体像(白黒)9h45m↓

続きを読む "2/28太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月27日 (日)

2/26アトラス彗星、他

2/26晩。雲間からQHY9で試写したC/2019L3アトラス彗星(中央左上)↓

ここ2〜3年はASIのCMOSカメラ中心になっていた。これではいけないと、ほぼ2年ぶりに引っ張り出した白黒カメラQHY9だが、どうも調子が上がらない=肝心の撮影画像がまるで駄目。どうにかしなくては、、。
↓同、自動導入用屈折望遠鏡で撮影したもの↓

続きを読む "2/26アトラス彗星、他"

| | コメント (0)

2022年2月26日 (土)

2/26太陽Hα&可視光像

2/26,10時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は、2954、2955群とその北西側の無番号小黒点、東縁の無番号小黒点の計4群。また、彼方此方にダークフィラメント影が点在。中央子午線付近へ来た2954,2955群は見かけ上も大きく見え、活動域もそこそこ広がっていた。/周縁の紅炎は前回同様、さほど目につく噴出無いものの北東側、南東側にいくつか噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)9h48m↓

↓可視光全体像(白黒)9h55m↓

続きを読む "2/26太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月25日 (金)

2/25太陽Hα&可視光像

2/25,9時過ぎの太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※シーイングはイマイチながら昨日ほど悲惨でも無さそう。/可視光黒点は、2954、2955群のみ2群。北西側にいくつかダークフィラメント影が目についた。/周縁の紅炎は昨日よりも沈静化した印象で、東側には目につく噴出見当たらず。北東、南東側は、さほど大きくは無い噴出が何本も上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)9h3m↓

↓可視光全体像(白黒)9h10m↓

続きを読む "2/25太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月24日 (木)

2/24太陽Hα&可視光像

2/24,9時半の太陽Hα&可視光像※2/22,2/23は天候不良(雪)で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※3回めワクチン接種に向かう途上、3日ぶりの晴れ間あり道草観察。ただ、シーイング不良で画像はシャープさに欠ける。orz/可視光黒点は、2953,2954、2955群+中央付近未番号小黒点の計4群。ただ、この小黒点と2953黒点は可視光では判然とせず。/周縁の紅炎は北東縁を中心に東側が賑やかで、ここしばらく期待できるか?なぁ。北方向(11時方向)に淡いながらも大きく広がる噴出が見事。他方向も小規模ながら何本もの噴出があり、賑やかな印象。
↓Hα全体像(カラー1)9h25m↓

↓可視光全体像(白黒)9h31m↓

続きを読む "2/24太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月23日 (水)

3年前、小惑星6478Gault

来週からは3月だというのに、今週は連日断続的な降雪に見舞われ積雪量が増している。今日も太陽拝めず、このままだと今月は5割達成も危うい。>ということで3年前同期の投稿記事から↓
-------- 3年間同期、小惑星6478(Gault) --------
2/24晩遅くに撮影した小惑星6478Gault↓いずれも正立像(画面上が北)

↓同、別処理↓

続きを読む "3年前、小惑星6478Gault"

| | コメント (0)

2022年2月22日 (火)

2年前初対日照@自宅

今日2/22も雪。10時頃、薄雲越しに太陽が見え観察強行するも、さすがに柳の下に2匹目のドジョウは居なかったwww>Hα像も可視光も撮ったが、どれもまともな像にはならず。orz>ということで、2年前同期投稿記事を再掲↓
-------- ↓以下、2年前投稿記事「史上初!対日照」↓ --------
はるか昔、公害(光害)の無い時代は肉眼でもちゃんと見えたらしいが、今や国内で肉眼で対日照※が見られる箇所はかなり限られるのではないかと思う。勿論自分も目視確認したことはない。(他の人が捉えた対日照の写真を見たことはあるが)自宅で写真に捉えたことも無かった。ところが、21日未明に撮った全周魚眼写真に捉えられていたことに気付いた。↓

↓対日照と思われる光芒は画面中央しし座αレグルス付近(破線〇で囲んだ中)↓

続きを読む "2年前初対日照@自宅"

| | コメント (0)

2022年2月21日 (月)

2/21太陽Hα&可視光像

2/21,9時半の太陽Hα&可視光像※2/19,2/20は天候とタイミング合わず欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※朝から断続的な降雪だったが、束の間の晴れ間と運よくタイミングが合った。/可視光黒点は2948,2952,2953,2954群+北西縁の未番号小黒点で計5群。ただ、この小黒点は判然とせず。また、本体北西側に、はっきり影の目立つダークフィラメントが2本。/周縁の紅炎は北北東縁の噴出が目視確認でき、反対側の南南西にもそこそこの噴出。西側にさほど明るさと高さはないものの何本も噴出が上がっていて賑やかだった。
↓Hα全体像(カラー1)9h22m↓

↓可視光全体像(白黒)9h28m↓

続きを読む "2/21太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月20日 (日)

2年前M51(TopazDeNoiseAI)

本日2/20は、朝から断続的な降雪の一日だった。午後になり晴れ間あったがあまりに短時間、かつワンコ散歩と重なりアウト>で、覚書も兼ねてTopazDenoiseAI記事を再掲↓
--------以下、 2年前の投稿記事より --------
前回投稿のパンスターズ彗星撮影中、このまま明け方まで快晴続きそうなのでBKP200反射を準備していたら日付が替わっていた。天候に恵まれない時期。月明の影響が無い&週末>ということで、取り敢えず寒さと睡魔にめげるまで続行を決意。(笑)
↓M51子持ち星雲↓全景

↓同、中央付近↓

続きを読む "2年前M51(TopazDeNoiseAI)"

| | コメント (0)

2022年2月19日 (土)

2/19未明、月齢17.4

2/18昼頃より天候徐々に回復し、暗くなる頃も晴天。ここ3日間ほど断続的な降雪で冬に逆戻りし星見台周辺も雪に埋もれたが、幸いルーフに雪は残っていなかった。ずーっと手付かずだった白黒冷却QHY9sカメラ試写などいろいろやったが、薄雲は減らないし、時間経過とともに寒さも一段と厳しくなり、撤収前に撮影した↓月齢17.4の月↓ちょうど南中時刻となり高い位置に居たが、若干薄雲越しだったのが残念。
※いずれの画像もクリックすると別窓等倍表示します※天体望遠鏡視野と同じ逆像表示です※
↓月齢17.4全体像↓(1h47m〜)

↓合成に使用した月面1〜4↓

続きを読む "2/19未明、月齢17.4"

| | コメント (0)

2022年2月18日 (金)

2/18太陽Hα&可視光像

2/18,13時半の太陽Hα&可視光像※2/17は天候とタイミング合わず欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※此処のところ1日おきの観察が続いている。北陸にしては上出来?と思うが、今日は雲越しを免れ、久しぶりに(画も心も)スッキリした。(笑)/可視光黒点は2943,2948,2949,2950,2952群+南西側に未公認小黒点で計6群。ただ、北西側の2949群は可視光で判然とせず。本体彼方此方にダークフィラメント影が目についた。/周縁の紅炎は北東縁に2本、明るさはともかく背の高いペア(外筒壁?)と、南西縁に低く広がりある噴出が目立っていた。
↓Hα全体像(カラー1)13h36m↓

↓可視光全体像(白黒)13h33m↓

続きを読む "2/18太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月17日 (木)

7年前系外星雲2つ(BKP300&EQ8)

過去投稿で恐縮です。以下、7年前の投稿から。BKP300反射(とEQ8赤道儀)導入後初稼働した頃の記事を再掲。今も稼働率が低迷してしまっている。orz
-------- 7年前M101回転花火(QHY9,1stLight) --------
一昨日、M101に超新星出現か?という記事を掲載したが、その後、LRN(高輝度赤色新星)らしいと判明したようだ。/現在17等級?との情報を得て、早速BKP300反赤+QHY9カメラでこの17等台の新星が写るか?試してみた。↓系外星雲M101(回転花火)↓

↓同、LRN(高輝度赤色新星:マーカー部分)↓

続きを読む "7年前系外星雲2つ(BKP300&EQ8)"

| | コメント (0)

2022年2月16日 (水)

2/16雲越し太陽Hα&可視光像

2/16,16時前の雲越し太陽Hα&可視光像※2/15は天候不良で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※2月半ば過ぎたのに冬の天気に逆戻り=荒れ模様の天候だったが、日が西に傾き始めた頃に晴れ間がちょろっと生じた。/雲越しで不鮮明ながら可視光黒点は2941,2943,2946,2947,2948群+無番号黒点3群で計8群。ただ、西縁の2947群は判然とせず。ダークフィラメント影が彼方此方目についた。周縁の紅炎は南東縁、南西縁に幅があるそこそこの噴出、他にも彼方此方噴いているようだったが、雲越し=コントラスト無く見苦しい画になってしまった。
↓Hα全体像(カラー1)15h39m↓

↓可視光全体像(白黒)15h44m↓

続きを読む "2/16雲越し太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月15日 (火)

2/14バレンタイン晩の月齢13.3

2/14バレンタインデー晩は、約30分交代で晴れと雲通過が交互に訪れた。雲に阻まれず晴れて透明度がある時に月面を4ショットに分けて撮影。>例によって得られた4画像をMicrosoft ICEで1枚に合成した。↓

※掲載画像はいずれも天体望遠鏡視野と同じ逆像表示です※どの画像も左クリックすると別窓に等倍表示します※
以下↓合成に使用した4ショット画像↓

続きを読む "2/14バレンタイン晩の月齢13.3"

| | コメント (0)

2022年2月14日 (月)

2/14太陽Hα&可視光像-2

2/14太陽Hα&可視光像その2です
↓東側等倍(可視光、白黒)↓

↓西側等倍(可視光、白黒)↓

続きを読む "2/14太陽Hα&可視光像-2"

| | コメント (0)

2/14太陽Hα&可視光像-1

2/14,10時の太陽Hα&可視光像+13時過ぎの太陽Hα像※2/13は天候不良で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光黒点は2941,2945,2946群に無番号3群を加えて6群。ただし、2946群南の無番号黒点は判然とせず。前回同様、ダークフィラメント影が彼方此方に散見できた。/周縁の紅炎は、さほど目立たないものの東側が西側よりも賑やかでしばらく期待もてそう??。
↓Hα全体像(カラー1)10h2m↓

↓Hα全体像(カラー1)13h12m↓

続きを読む "2/14太陽Hα&可視光像-1"

| | コメント (0)

2022年2月13日 (日)

2/11晩、月齢10.2

2/11晩。良く晴れていたので久しぶりに星見台へ上がった。南西空に傾き始めた19P/ボレリー彗星(後日Up予定)を撮影した後、そのまま同じ組み合わせで高く南中し始めていた月齢10.2を撮影↓カメラ写野に月が収まらないので4ショットに分けて撮影し、得られた静止画4枚をMicrosoft ICEで1枚に合成した↓
※いずれの画像もクリックすると別窓等倍表示します※天体望遠鏡視野と同じ逆像表示です※
↓月齢10.2全体像↓※修正済み

↓合成に使用した月面1〜4↓

続きを読む "2/11晩、月齢10.2"

| | コメント (0)

2022年2月12日 (土)

2/12雲越し太陽Hα&可視光像

2/12,10時の雲越し太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※朝は良く晴れ、つい油断して「チコちゃんに、、」視聴終わった頃には薄雲張り出し、結局、雲越し観察となった。(-_-;)/可視光黒点は2939,2941,2945,2946群の4群。中央子午線北側や2941群西側などのダークフィラメント影が目立っていた。周縁の紅炎は北東縁、南東縁にそこそこの噴出、他にも低く目立たないのが彼方此方上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)9h50m↓

↓可視光全体像(白黒)10h11m↓

続きを読む "2/12雲越し太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月11日 (金)

2/11太陽Hα&可視光像

2/11建国記念日10時の太陽Hα&可視光像※2/10は天候不良で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視光で確認できた黒点は2939,2940,2941,2944群と無番号新黒点2群で計6群。2941群以外の番号付き黒点は西縁に到達し明日以降西裏へ見えなくなりそうだが、東縁にも新黒点登場しているのでさほど寂しくならない予感。周縁の紅炎は南東縁に数本目につく噴出(さほど高さはない)が数本上がっているものの、若干寂しい感じ。
↓Hα全体像(カラー1)9h56m↓

↓可視光全体像(白黒)9h52m↓

続きを読む "2/11太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月10日 (木)

2/7夕、月齢6.1

2/10は朝から曇天。時折チラチラ雪も舞ったが積雪無し。ということで太陽観察不能。>ということで、2/7夕方に撮った月齢6.1を載せます。久しぶりに長光60(口径6cm,fl=1200mm,F20アクロ屈折)を使用。↓未だ青空の状態だったが月は天頂近くだった↓
↓月齢6.1(全体像、カラーモード)↓

↓同1(北側、カラーモード)9h3m↓

続きを読む "2/7夕、月齢6.1"

| | コメント (0)

2022年2月 9日 (水)

2/9太陽Hα&可視光像

2/9,9時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※昼頃には雲多くなりそうな予感がして出勤途上に道草撮影。/可視光で確認できた黒点は2939,2940,2941,2943群と南東縁近くの無番号小黒点の5群。2941群は中央子午線へ近付いていることもあり大きく広がっており活動域の複雑な細部まで分かりそうな印象。2943群、無番号新黒点近くのダークフィラメント影も目についた。/昨日まで南東縁に目立っていた大きな噴出は、昨夕噴き飛んだとのことで残骸も見当たらず。また南西縁のひょろっと細長い噴出も残念ながら確認できなかった。
↓Hα全体像(カラー1)8h58m↓
↓可視光全体像(白黒)9h3m↓

続きを読む "2/9太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月 8日 (火)

2/8雲越し太陽Hα像

2/8,13時半過ぎの雲越し太陽Hα像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※昼前にも晴れ間あったがタイミング合わず、午後、辛うじて雲越し観察&可視光像撮る余裕なし。/黒点は昨日と変わらず5群のまま。このうち2941群の周囲はダークフィラメント影など目についた。/昨日南東縁に目立っていた大きな噴出は、形状は変わったものの大きさは維持しており、雲越し目視観察でも真っ先に目が行った。/雲越しのため、コントラストがない画像になったものの、何とか記録に残せて良かった。
↓Hα全体像(カラー1)13h40m↓

↓Hα全体像(白黒)↓

続きを読む "2/8雲越し太陽Hα像"

| | コメント (0)

2022年2月 7日 (月)

2/7太陽Hα&可視光像

2/7,10時の太陽Hα&可視光像※2/5,2/6は雪のため欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※可視黒点は2939,2940,2941,2942群と東縁の番号無し小黒点の5群。活発なのか?2941と2940群周囲の明るい部分が目についた。/今日は何といっても南東縁の大きな噴出が圧巻だった。よく見るとその尖った噴出の東側(上)に淡く広がったのが漂っていた。>3時間余り後の南東側も合わせて載せます。
↓Hα全体像(カラー1)10h6m↓

↓可視光全体像(白黒)10h1m↓

続きを読む "2/7太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月 6日 (日)

3年前同期小惑星6478(Gault)

立春過ぎたというのに2日連続の降雪で、すっかり真冬に戻った感じ。(↓最下欄参照↓)今朝2/6は昨日降った分が一気に上乗せになった印象で、朝から除雪に追われた。>で、2年前投稿記事の再掲です。↓
----- 以下、2年前同期投稿記事より -----
今、話題の小惑星6478(Gault)の追記。先月14日、初めてこの小惑星を捉えたことを同日1/14記事に載せている。その後、冬の晴れ間から何度か再検出を試みたが、いずれも判然とせず失敗に終わっていた。/2/7未明は好天で、先日改造終わったばかりのC11で試写を兼ねて同小惑星を狙った。/撮影時、モニター上では分からなかったが、処理過程で写っていることが分かった。↓写野全体像↓(Autosave)

↓同、6478付近等倍トリミング↓

続きを読む "3年前同期小惑星6478(Gault)"

| | コメント (0)

2022年2月 5日 (土)

3年前同期、岩本彗星

2/5,一日中断続的降雪で夕方には朝と同じ積雪量に戻っていた。orz>で、二度目の除雪機稼働。今月初の除雪作業が2度も続くなんて、、。
----- ☆彡 以下、3年前同期投稿記事を再掲載 ☆彡 -----
2/6深夜。貴重な晴天だったので、話題の岩本彗星(C/2018Y1)を狙った。前回より明るく大きくなっていた。淡い尾が1時半方向に伸びているらしいが、、↓
↓C/2018Y1岩本彗星(写野全体像)↓Average

↓同、周囲トリミング↓

続きを読む "3年前同期、岩本彗星"

| | コメント (0)

2022年2月 4日 (金)

2/4立春太陽Hα&可視光像

2/4立春13時半の雲越し太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※午前中も雲間あったが業務とタイミング合わず、午後になりやっと観察できた。またも薄雲越しとなったが昨日程酷く無かった。/可視黒点は2936,2938,2939,2940群と北東縁に新登場した2941群、2939群南西に登場したごく小さい無番号黒点の6群。画像を見ると、新登場2941群も白く明るい部分がありここも活発なのかと期待をもたせる。周縁の紅炎では南東縁にさほど明るくないものの大きく広葉樹のように広がった噴出が目についた。
↓Hα全体像(カラー1)13h29m↓

↓可視光全体像(白黒)13h38m↓

続きを読む "2/4立春太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月 3日 (木)

2/3雲越し太陽Hα&可視光像

2/3,10時半過ぎの雲越し太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※朝は、↓日暈↓幻日(左側は幻日環の一部)↓環天頂アーク(画面上端)↓を目撃するも、

直に曇ったため観察の機会に恵まれず。>所用で出かけた際に晴れ間生じ、急遽観察するも雪雲越しで画質低下=見苦しい画像となってしまった。orz/可視黒点は2936,2938,2939,2940群と北東縁に登場した無番号の5群。昨日から2940群や2939群はフレア続いているらしい。精細さ欠く画像ながら2939群そばのダークフィラメント影が目立った。周縁の紅炎では昨日同様南西縁の噴出2つが目についたが、雲越し画像でどうのこうの言うレベルで無いのが残念。
↓Hα全体像(カラー1)10h32m↓

続きを読む "2/3雲越し太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月 2日 (水)

2/2南中時の太陽Hα&可視光像

2/2南中時の太陽Hα&可視光像※2/1は晴れ間とタイミング合わず欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※朝は雪雲だったが昼近くなって晴れ間が生じた。/可視黒点は2934,2936,2938,2939,2940の5群。西に回り始めた2936群が一番大きく見え、次いで東の2939群、北東2940群。前回確認し辛かった2938群もあっさり確認。2934群は南西縁で直に裏へ回りそう。フレア頻発の2940群や2939,2936群は周囲が白く明るくなっており、はっきりしたダークフィラメント影も伴っていた。周縁の紅炎では南西縁の背の高い山脈状紅炎と、その西側、高さは無いが横に広がる形状のものが目につき、南東縁、北西縁の噴出も目についた。
↓Hα全体像(カラー1)11h40m↓

↓可視光全体像(白黒)11h47m↓

続きを読む "2/2南中時の太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2022年2月 1日 (火)

StarNetV2GUI試用(M1)

2月初日の太陽観察は業務とタイミング合わずアウト=2/1欠測>以下、マニアックな内容になるので、掲載画像(上2枚、昨秋撮影したM1カニ星雲)閲覧だけで結構です。(-_-;)
------------------------------
FaceBook天文系Groupのネット情報からStarNet++がVersion2となったことを知り、早速導入&試用してみた。(Windows単体版Starnetv2GUI_Win.zipをDL後、解凍・展開で導入できる。無償)試用対象は昨秋に撮影した、おうし座のM1(カニ星雲)↓
↓M1(カニ星雲)↓(最終処理画像)↓

↓同1↓(元画像)↓

続きを読む "StarNetV2GUI試用(M1)"

| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »