カテゴリー「天文・星空」の記事

2020年8月13日 (木)

小雨下ネオワイズ彗星

昨夜は、黒部でペルセウス座流星群観察会(事前申込限定)があった。流星はそれぞれが肉眼で見ることで良いが、その合間に久しぶりの肉眼彗星となって話題のネオワイズ彗星を観てもらおうと考えた。時節柄、参加者が交代で望遠鏡を覗くスタイルではなく、電視観望(※後述)できるように準備した。
あいにく時折小雨がぱらつく天候で、流星はおろか星すらろくに見えない状態>機材に合羽を着せ、雨雲の隙間から捉えた↓ネオワイズ彗星↓
↓C/2020F3:通常モード↓

彗星を捉えた画像はたった4コマだけ。直ぐ近くのC/2017T2パンスターズ彗星も同一写野に入れようとカメラを90度回転させたところで再び雨雲に阻まれ、以降改善しなかった。4コマ捉えただけでも吉としたい。残りは雲画像の量産だった。
↓同、コメットモード↓

続きを読む "小雨下ネオワイズ彗星"

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

今宵ペルセウス座流星群ピーク

今宵〜明朝(8/12-13)は三大流星群の一つ、ペルセウス座流星群のピークと予想されている。今年は夜半過ぎまで月明かりに阻まれる心配はない。国立天文台Webサイト( https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/08-topics02.html/ )より
今年のピークは日本時間で12日22時。その前後の晩は見ごろとなる。輻射点であるペルセウス座が上り始めるのは夜遅くなってから。(先週から今宵を挟んでお盆過ぎまでは出現期間中)
ということで、過去画像から拾い集めてみた。↓
4年前2016年8月13日未明に撮影した↓ペルセウス群流星↓

上画像のように、同流星群はペルセウス座の方向から流れる。=他の方向から流れるのはペルセウス群ではない。
夜半前は北東低空、ペルセウス座が上り始めるのと呼応して徐々に高度が上がる。
【データ】13日未明のペルセ群流星/2016年8月13日1時14分頃〜(30秒×3枚比較明合成)/富士X-E1(ISO3200,RAW)/SAMYANG14mmF2.8開放絞り/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
↓13年前2007年8月13日未明のペルセ群流星(GIF動画)↓追記へ

続きを読む "今宵ペルセウス座流星群ピーク"

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

8/11太陽Hα&可視光像

8/11,11時前の太陽Hα&可視光像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※2770黒点は子午線から西へ回り始めた。昨日までは直ぐに存在が分かったが、今日は注視する必要があったので、小さくなったのは間違いない。/昨日まで南西側に目についた噴出は衰えたか?見えなくなっていた。周縁あちこちに噴出あるが小規模。北東側にやや目につく噴煙あるも淡い。情報によれば南東縁に新活動域が近づいているようで期待したい。
↓全体像(カラー1)↓10h40m

↓同(白黒)↓

続きを読む "8/11太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

8/10太陽Hα&可視光像

8/10,11時半頃の太陽Hα&可視光像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※2770黒点は子午線付近に達した。前日と殆ど大きさに変化なく、成長しているとも衰退しているとも言い難い。/周縁の紅炎噴出は前回同様、目につくのは南西側の噴出しか見当たらず、低調な状況。
↓全体像(カラー1)↓13h22m

↓同(白黒)↓

続きを読む "8/10太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

8/9ネオワイズ彗星

8/9に撮影したC/2020F3ネオワイズ彗星↓恒星追尾モード

ファインダー覗き口から光が漏れたようなムラがある。覗き口には遮光カバーかけてあるので、漏光は無いはずだが、、??
↓同、文字入り画像↓左にC/2017T2パンスターズ彗星が写っている。両者は明後日12日に最接近するらしい。

続きを読む "8/9ネオワイズ彗星"

| | コメント (0)

8/9太陽Hα像

8/9,13時半、雲間の太陽Hα像※8/7,8/8は曇雨天で欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※2770黒点(赤色実線丸枠)が子午線近くへ回っていたが、それほど大きさに変化は感じられず、成長も衰退もしてない印象。/北東縁にごく淡いが広がりのある紅炎が噴いていた(赤色点線丸枠)。8/4,8/6南側中央に見られたダークフィラメントが西縁に達し始めたのか?南西縁に比較的目につく噴出が上がっていた。
↓全体像(カラー1)↓13h31m

↓同(白黒)↓

続きを読む "8/9太陽Hα像"

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

2年前、北米・ペリカン星雲 2年前、北米・ペリカン星雲

2年前8/5晩に撮影した↓北アメリカ星雲、ペリカン星雲↓
天頂近くを通るので撮影しやすく、夏の初めから秋まで見える期間も長いので好都合な対象。今年は未だ狙っていない。網状星雲ともども今後秋口にかけてカメラを向けたい。
↓3年前7月20日に同じ機材で撮影したもの↓

続きを読む "2年前、北米・ペリカン星雲 2年前、北米・ペリカン星雲"

| | コメント (0)

8/6ネオワイズ彗星

8/6晩、ようやくにして自宅から星ネオワイズ彗星を観ることができた。ただ、スッキリした晴れではないため雲越し強行撮影&強引処理↓
↓8/6,ネオワイズ彗星↓EOS6D,350mm※画面上が東、右が北方向

(彗星の左上、明るい恒星状の天体が球状星団M53)
↓同、白黒反転画像↓

続きを読む "8/6ネオワイズ彗星"

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

8/6太陽Hα&可視光像

8/6,11時の太陽Hα&可視光像※8/5はPM2.5?霞が酷く欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※北東側に現れた2770黒点が中央へ回り始め、それとともに若干大きくなり典型的な黒点らしい姿となっていた。/昨日は霞が酷く日差しが弱いため気象学上は「晴れ」だったが太陽観察は取り止めた。今日もその影響が残っており透明度悪く淡い紅炎がはっきりせず、確認できたのは南西縁の紅炎程度しかなかった。
↓全体像(カラー1)↓10h56m

↓同(白黒)↓

↓同(可視光像、白黒L)↓11h1m

中央左が2770黒点(赤実線丸)
↓同(カラー2)↓

続きを読む "8/6太陽Hα&可視光像"

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

今季初遊星(火、木、土)

今年の秋は火星が中接近する。前回のような接近時の大砂嵐だけは勘弁してほしい。既に木星や土星は見頃となってきている。梅雨明けが遅れたが、8月に入ってようやく遊星(惑星)を観る機会を得た。まだまだ改善の余地ありだが取り敢えずということで。↓
↓木星1↓8/1

↓同2↓

続きを読む "今季初遊星(火、木、土)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧